スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思ったより広いね サンマリーノ

2016年01月14日 14:31

ラヴェンナを後にし、この日の宿泊地であるサンマリーノへ向かいます。
季節は秋。夏ならバカンス客で一杯であろうリーミニの街を、海を左手に、海沿いを
南下します。宿探しでリーミニのホテルもネットで当たりましたが、夏だけのところが
多く、夏以外は街自体もどうだろうという感じでした。
で、そこは素通りして、サンマリーノへ。

夕暮れ迫る中、早いところ宿に入りたいな、と思っていると.....
なんと、高速が大渋滞。イタリアに来て、そんなの初めてでした。朝のニュースは、
天気予報は見てれば分かる。そして交通情報も。事故や工事などで渋滞というのが
あっても、実際にそれに当たったことともなかったのに。
それが、ゆーるゆーると進んでいっても、特に事故でもなければ、工事もしてない。
何故?
未だに分かりませんが、後日、とある所でも自然渋滞に出くわしました。海岸沿い
で道が少ないところ、周辺の都市間での通勤移動で生じるのではないかと思われました。
丁度そんな時間帯ではありましたので。
何しろイタリアですから。高速が渋滞するなんて日本くらいのものかと言えば、
先進国では借金大国同士のイタリアは日本のお仲間。こんなこともあるんでしょうねと、
変に納得できる気が(それでも首都高よりはいいかな、私は密かに首都高を首都駐車場
と呼んでいますので)。

そんな渋滞をようやく抜け出せるのが、海岸沿いを離れて、少し内陸のサンマリーノ
への分岐を曲がってでした。
よーし、これで一気にホテルだ。道は空いて快調に走る。
小高い所にあるサンマリーノへ向けて道は上り坂に。きっと昔は使われていたのであろう
高速の料金所のような国境のチェックポイントを横目に、一段と車は登る。
その間に、日が沈み暗くなる。勿論のこと初めての土地、初めてのホテル。暗くなると
探し辛いなー。明るいうちに着きたかったな。でも、もう少し......の筈が......

道は登っていきます着実に。一本道だから間違えようもない筈。途中、分岐なんかどこも
無かったよな。それにしても随分登ったけど、まだ?
その思いは相棒も同じ。「なんだか随分と登ったけどまだかねー。」ついに耐え切れず
言葉にしてしまう私。「そうね。」と、ぽつり一言だけの相棒の反応。何を言って良い
やらとの疑心と不安を感じる。
何しろ小さい国というのが頭のど真ん中にインプットされてますから。小さい、狭い、
すぐに着く。そう思い込んでる二匹。
どこかで表示を見落としたのか?もしかして通り過ぎたのか?
でも、まだまだ登り続ける道。高い所にあるのも確かだから、登っているうちはそれも
ない筈。迷う心を振り払い、早く着きたい、着いて安心したいの一心でアクセルを踏み
込み、登る、登る、そして更に登る。

そしてようやく見えてきた街の灯り。
とは言ってもそれほど煌々と明るいわけでもなく。夜の帳の中に静かーに座ってる
感じ。走る車も、歩く人も無いから、本当に静か。
街中に入って、コーナーを回って更に上がると、道の右手に目指すホテル。実にあっさり
と着きました。
それにしても小さな国だとの思い込み。翌朝、城壁を辿って高台に立てば、周りに広がる
田園風景。勝手に街=都市国家のようなもの、と思い込んでいたのは違うわけです。
それなりに周りには畑が広がり、中心の街以外にもちょとした村のようなものだって。
考えてみれば、もっとしっかりとガイドブックを読んでいれば、面積なんかだって書いて
あるし、それなりに感覚が持てたであろうに。思い込みは良くありませんね。それで
焦ってしまったりして。

さて、そのサンマリーノ。
いいホテルでした。朝食込みのツインの部屋料金(二人分)が100ユーロぽっきり。
別段、部屋は特に広いわけでもなく、作りも普通。だけど、清潔でこざっぱりしていて。
機能的だけど、ビジネスホテルほどには狭くなく、寂しい感じではない。十分にゆったり
出来て、バルコニーも付いている。実にお得感たっぷり。
それにしても静か。秋も少し深まって、観光シーズンはやや外れている故か。だから料金
も安いのか。
途中の渋滞で思ったよりは遅くなったけれど、部屋で一時まったりとしてから、では
晩御飯にしましょうかと。しかし、ホテルの外も静かなのは良いけれど、出掛けて何処かの
レストランでという雰囲気ではない。
ということで、ホテルのレストランで食べました。でも、さすがはイタリア。実際にはまあ
サンマリーノですから違う国といっても、食に関してはイタリアの一部。普通に美味しい
ものが食せました。
でも、この時のことで一番記憶に残っているのは、自分たちの食事よりも、丁度居合わせた
おじさんのこと。私達以外の唯一のお客が、すぐ隣のテーブルに。
その先客が、前菜にエビ、メインにもエビ。
私もかなりの甲殻類好きではありますが、エビばっかり食べるというのもどうかと。それが、
そのおじさん、地元の方でレストランのスタッフと顔見知りなのか、よーくしゃべりながら
笑顔で嬉しそうにエビを食べる。メインのエビ料理が運ばれてくると、実に小躍りするような
仕草。
かつて、北海道で蟹の食べ放題などで蟹を食べ過ぎて、アレルギーになったというのが居た
けれど。そうならないようお気を付けあれと、私は一人、心の中で呟きました。
テラスにて
↑テラスにて。こうした、ちょっとした空間が、気分良く過ごせていいものです。

さて、その翌朝。
今度は、違うおじさんがまた笑わせてくれました。
どう見たって小さなカップしか置けないエスプレッソマシーン。そこに、大きなティーカップ
を置こうと奮闘するおじさん。向きを変え、覗き込んで、何度も試す。
それでも、ダメなものは駄目!しかし、おじさんは納得しない。しまいには怒り出す。そして、
機械をののしる!
それにしても、これって文化の違いというものでしょうか。
フランスやスペインもそうだけど、朝食でコンチネンタルといえばパンと飲み物だけの簡単
なのを指しますね。そして、その際の飲み物といえば、カフェオレとかですが。
きっと、くだんのおじさん。しっかりと背広姿でもありましたし、きっとイギリス紳士なの
でしょう。お茶=ティーを嗜む。
そのイギリスでは、この手のホテルのマシーンはティーの為のもの。ティーカップが入らない
わけが無い。
でも、ここはイタリアという、コンチネンタル=(ヨーロッパ)大陸の国。違うんですね、
貴方のお国とは、だのに....
あー、思い込みのなせる技。
だから思い込みはいけませんて。なんであれ。

城、人まばら
↑それにしても人が居ない。バカンスのシーズンである夏とは違って秋ですが、
まだ冬まではかなりある季節で、なんだか拍子抜け。でも、人が多いのは苦手
なので、これでいいかな。


思い込みとは別に、確かな情報はいいですね。
美しい切手。サンマリーノ入国記念のスタンプ。こじんまりと美しい街と城壁。
思ったとおりのものを、朝の冷涼な空気とともに味わって、次なる街ウルビーノへと
向かいます。

まったりのひと時を in ボローニャ

2016年01月06日 18:12

夕暮れ時のボローニャ。中央広場の一角、外カフェでビールを飲みながら.....

喧騒の日本では、仕事の帰りの一杯は、賑やかといえば聞こえがいいけど、
喧しくも手狭な飲み屋でと相成ります。それが楽しい時だってないわけじゃ
ないけどね。
広場を行き交う人々、あるいは犬を眺めながら。足元に寄ってくる鳩に餌を
あげる。いっつも同じやつがせしめやがって。他のやつにもくれてやれと、
そいつを足で払いのけて、後からやってきたこにもお裾分け。
本当にまったりしました。これなら仕事帰りに、時には一人で一杯もあり
かな。
まったり
↑なーんも考えずに過ごす時間。それこそ至福というものでしょう。

ボローニャの第一の思い出はこれ。
じゃあ、大したことはない街なの?いえいえ、そんなことはありません。
ここはイタリア、素晴らしい教会が数々あり、古い歴史を刻んだ由緒正しき
ボローニャ大学があり、観光という点で決して劣ることはありません。
しかし、逆に言えば、そんな教会や大学、そして宮殿や芸術品が、実に多くの
街にあるのがイタリア。

そこで、今回は旅をする上で結構、大事と思うお話をふたつほど。
まず、第一は車での旅に関して。
大きな街がいささか苦手な私達にとって、ボローニャはとってもが付く大都会。
車の量も結構なもので、街中では渋滞。交差点では信号待ちで出れないことも。
そんな時、イタリア人は車の鼻先を突っ込む。遠慮なんかしてた日にゃ、いつ
までたってもどうにもならん。下手な躊躇はしてはならん。
これは、その後のイタリア旅行の中で、強引というよりも上手と感じたことで
あり、イタリアを旅行で回るならば心得のひとつとしていただくと良いと思い
ます。
車線変更をする場合、概してイタリア現地人はスムースに済ませます。交通量
が多い街中でも、スイッと入る。
地図が見れずに運転手役を主にしてくれるカミさんは、最初のうちは怖がったり
戸惑ったりがあったのが、慣れると現地化。やはりスイッと入る。
が、訳あって私が運転手となったことがありましたが。現地の人達は、彼らに
すればスムースに、しかし私からすれば強引というか、遠慮なく、いつの間にか
我に先んじて動く。自分の行きたいように動く。
すると、先手と取られた私は後手を踏んで、なんとか車線変更をするものの。
おっかなびっくり。手にも額にも汗。車線変更を済ませると溜息。
ついには、もたもたと車線変更を試みる私にカミさんから、「そんなんじゃ
かえって危ないよ。ほら、今よ、スイッと行くの。」
て、そうスイッと行けないから困ってるのにさー。
まあ、これは慣れの問題ではありましょうが、一方で言えることは、決して現地
の人達は強引一辺倒ではなく、状況判断がしっかりしているというか、こちらが
それなりの位置となれば無理なことは仕掛けてきません。一般的に言って、
イタリアの人は運転上手と言えそうです。
あくまでもこれは慣れの問題として、車での旅、それもイタリアのような中世の
街並みが未だそのままの国では、駐車場が。
街中だとホテルの駐車場が、無いか、あってもかなり値段が高いか、それでも
いいやと思いきや満杯。
でも、まあそこはイタリアですから、よく分かりませんが駐車が許される通り
がある。但し、決してホテルの眼の前では無い(実際、ホテル前の通りは道路
清掃の車が水を撒き、ワシャワシャ回るやつを使うので、ずっとは止めておけ
ない)。そして、早い者勝ちで、しかもびっしり止まってる。
何とか場所を見つけ、でも最初は行き過ぎちまって、急ぎぐるっと回って、
車と車の間の狭いギリギリのスペースに入り込む。縦列駐車の腕前が試される
試練の時。
フェッラーラでも大変な思いをしました。毎回とまでは言いませんが、時には
そんなこともありますから、いささかの覚悟は必要かと。
車でいっぱい
↑ボローニャの街中はどこもこんな具合。縦列駐車が苦手なあなた、事前に
練習しておいた方がいいですぞ。


そして、第二のお題は、困難なお話ではなく、これもまた良しというお話。
ホテルにチェックインし、ではお部屋にご案内というのですが、何故か正面
玄関を出て行くベルボーイ(実際にはおじさんでしたが)。
え、どこ行くのと思っていると、すぐ隣の鉄格子を開けて中に入って行きます。
そして開けようとする扉が、集合住宅のそれ。如何にもヨーロッパの、映画
なんかでも出てくる、呼び鈴がいくつも連なっているあれ風の。
勝手が分からないままに通されたのは、アパルトマン形式の部屋でした。いわば
別館という訳でしょうか。
別段、そのような部屋をリクエストした訳ではありませんが、それはそれで
当たりでした。
まあアパートの造りですから、寝室とバス・トイレ以外に、キッチンとリビング
があり、洗濯機と乾燥機も付いてました。今回は一泊だけですが、何泊もする
のであれば、レストランでの食事に疲れた際など、デリカテッセンで何か買って
きて食べるのも良し。
そして有り難いのが洗濯機と乾燥機。旅の途中で洗濯は欠かせません。しかし、
当然のことながらいつもは手洗い。いつもカミさん任せですが、大変なのは
知っています。大学生の時に独り住いをしましたが、新築のアパートで大家さん
が取り付けてくれるまで洗濯機はなく、手洗いで頑張って手の皮が剥けて
しまったことも。
旅行中だとカミさん任せとはいいながら、絞るのを手伝うことも。乾くのが
明日の朝の出発に間にあるようにと、力の限り頑張って。タオルで包んで少し
でも水分を吸わせてなど、苦労するものですから。
使い方を理解するのに一苦労はあったものの、どれだけ助かったことか。
一箇所である程度まとまった日数の宿泊となることがあれば、アパート形式の
宿はいいものかと思います。
レンタカー派とはいいながら、鉄道での旅も楽しいですし、何よりもホテルが
毎回変わるのは荷物を作っては開けての繰り返しで大変です。場合によっては
何処かに居を定めてというのも良いなと常々思ってもいます。
そのような旅程が組める場合は、お勧めですね。
アパート形式
↑この鉄格子の先が。最初に案内された時は何?と思いましたが、なかなかに
快適かつ実用的。


というボローニャのお話。実は、モザイク画の素晴らしき思い出に先走って、
ボローニャに泊まり、翌日の午前中をそこで過ごしてから向かったラヴェンナ
のことを先に書いてしまいました。順番が後先となって、分かりにくくなって
しまいました。
まあ、それ位、適当に旅をして思い出もまた適当になっているとお許しを。
何しろ、ボローニャでの夕食の際、鞄からポロリとお財布が転げ出て、無用心
だなと現地のお姉さんに呆れ顔をされた私のことですので。

ラヴェンナ  小さな街の偉大な過去

2016年01月06日 17:08

ラヴェンナ、それは実際に行ってみると、小さい街とは思っていたけれど
こんなん? という程の田舎町。

ラヴェンナの広場
↑ほんとに小さな町です。これが中央広場ですから。

旅行の計画を組む前、宮下先生の本を読むまで、まーったく知りませんでした。
しかし、その本でも解説されている通りで、ヨーロッパの歴史を語るうえでは
欠かすことの出来ない存在です。
ローマ帝国が東西に分裂した後、時には西ローマ帝国の都となり。その西ローマ
帝国が滅びゆく中で、その滅亡の元となったゲルマン民族の東ゴート王国の都
が置かれ、更にはそれを倒してイタリア半島を属州としてローマの版図に取り戻し
た際には、東ローマ帝国がその統治の為の総督府を置いて、と実に重要な都市で
あったわけです。
そして、その歴史の故に、古代ローマの芸術であるモザイク画の素晴らしい作品
が、今や片田舎の小さな街にすぎないこのラヴェンナに残されたわけです。その
モザイク画を残した東ローマ帝国では、その本国にあっては偶像崇拝を排斥する
運動により、多くの芸術作品がモザイク画も含め破壊失されてしまったのが、
失われた属州において残される。歴史というものは、そのような点でも面白い
ものだなと思います。

大きな教会(といっても、後の大聖堂などと比べると愛らしい存在ですが)の、
いささか高い位置の壁を彩る、鮮やかなモザイク画。
サンタポッリナーレ・ヌオーヴオ教会、そしてラヴェンナから少し南に行った
サンタポッリナーレ・イン・クラッセ教会で見ることが出来る、キリストや
聖母子、そして使徒達、東方三博士やキリスト生誕を祝う各国の使い等。
後世の宗教画で見るよりも、ずっと柔和で親しみが感じられます。誤解の無い
ようにお願いしますが、やや漫画的といいましょうか、厳しさよりもまん丸の
目などが優しさを感じさせてくれます。
キリスト様は神であると共に人の子。普通の人間と同様に、パンを食べ、
ワインを飲んで、血を流された。これまた失礼が無いようにとは思いながらも、
人とは全く別の存在である天使様とは違って、普通に話をしてもらえそうな。
更に大胆に言ってしまえば、偉大な使徒達も、古代ローマにあって実在し、
まだ身近にその記録そして記憶が残されていた時代ならば、如何に偉大で
あってもその時代を生きた生身の人。はるか後の世界となる今とは違い、
もっと手の届く感覚で語ることが出来たのかも。
まあ、そういったことは抜きにして、目に飛び込む視覚において、兎も角も
優しく、柔和で、微笑みかけるような。それがモザイク画の良さなのかも
しれません。
モザイクの色もそうでしょうが、絵的にも細かすぎずに、先ほど触れた目の
部分など、怖い細めには決してならずにまーるい笑顔の目に必ずなってしまう。
怒ってる人はだーれもいません。厳しい説教を口にすることも決してない。
きっと優しく語りかけてくれるに違いないと思えます。
実際には、ラヴェンナ自体が歴史上で重要な都市であったからこそ、血生臭い
争奪と殺戮の舞台にもなったであろうに、そんなことを感じるどころか、
とても平和な気持ちになれるのは、ひとえにそんなモザイク画のおかげかと。

また、同じモザイク画でも、暗闇の中に入り、徐々に慣れゆく目で見るガッラ・
プラチディア廟の幻想的な世界もまた格別です。それこそ百聞は一見しかずで、
ここでぐだぐた書いてみても始まらない、是非、自身の目で見てみて下さい
としか言えない気持ちです。
勿論のこと、サン・ヴイターレ教会もですが。

ラヴェンナの塔
↑後世の大きく、高ーい教会と比べるとラブリーなもんですね。町の大きさ
にマッチしてます。


有名なイタリアの観光地、珠玉の街々と比べると、知名度の点ではいささか劣る
存在ではありましょう。また、観光ルートとしても、ちょっと外れるでしょうか。
旅の計画のところで簡単に触れましたが、ボローニャから南に下ればフィレンツェ
まではすぐです。
北イタリアからトスカーナ地方へと旅をするのであれば、ラヴェンナはちょっと
回り道。しかし、行く価値はとても高いと思いますよ。

さて、そんなラヴェンナは、しかしながら片田舎の街。私達は昼時をそこで迎え
ましたが、街の中心、お臍たる中央広場と思しき場所に言っても、これといった
食事処が見当たりません。
小さな広場の一角のカフェで食事を摂りましたが、その内容自体はまあ普通の
パスタ。決してそれ程の品ではありませんでしたが、ただイタリア人は親切だと
旅行を通して感じることが多々あった中で、ここラヴェンナでも。
お昼時ですから、地元の人たちが食べていたのですが、異邦人二人が出現すると
小さなお店では唯一のテーブル席をさっと開けて、どうぞこちらでと案内して
くれました。それが、とっても自然にあっという間で。とても気持ち良く過ご
させていただけました。
名物や美味しい物をお望みならば、他が良いでしょうか。そんな時間もまた良い
もではありました。

そうは言ってもここはイタリア、必ず落とし穴があるもので.....
今回の落とし穴は、ラヴェンナの街を出て、前出の街の少し南にあるサンタポッリ
ナーレ・イン・クラッセ教会へと向かおうとした時のこと。街の南を流れる小さな
川の小さな橋、小さいとはいってもこれを渡らなければ南には行けないその橋が、
通れない。
工事中だからと、反対車線の南から北は通れるのに。第一、そこに行くまで工事中
とか通れないとかの表示は一切無し。日本人には解らないイタリア語の表示があった
のか?いやそんなことは。だって、工事中の表示なんてほとんど万国共通だし、
他ではちゃんと解ったし。
ラヴェンナで平和な気持ちを存分に味わったのに、いやそれだからこそ、時間が。
そう、これから向かう教会の開いてる時間がーーー!
元々、俗世の存在ではありますが、ここまで来て見れなかったらどうしてくれる!
と、焦りと怒りだけに。ああ、今になってもその狼狽ぶりがちょっと恥ずかしい。
で、なんとか地図を辿って、結構大きく迂回しつつも、まあ間に合いはしたとは
いうものの。
そして、再び平安な気持ちに包まれて。ころころ変わってしまう人の心。誰が見て
いたわけでもありませんが、自分の中の「旅の恥はかき捨て」。
今日ここで告白したことで、どうぞ救われますように。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。