スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルージュを起点に① ~ゲント、只今、工事中~

2009年10月25日 12:46

ブルージュ3連泊の間、ここを起点としてゲントとオステンド等へと電車で行きました。今回はその中からゲント遍です。

ゲントのセント・ピータース駅(Gent Sint Pieters Station)へは、ブルージュから急行なら25分程度、各駅でも40分弱と、日帰りで気軽に行ける距離です。私達の場合、行きは急行でしたが、帰りは急行が出た直後で各駅を利用しました。その各駅停車の列車は急行に抜かれることもありませんでしたので、少なくとも急行の直後なら各駅でも同じと言えそうです。
また、ゲントには別の駅(Gent Damport Station)もありますが、ブルージュからの本数が少ないうえ、所要時間もより長くなりますので、セント・ピータース駅を目指しましょう。
市の中心部へは駅の高架下からトラム(市電)を利用しますが、駅は市街地の南側だから北へ向かうのに乗りましょうと言われたって、同じ所に南へ向かうトラムもやって来ます。で、ちょっと戸惑いますが、かなり頻繁に出ていますので、1本くらいはやり過ごしても慌てることはありません。行き先を確認し、切符は乗った後で運転手から買う方が高いそうなので券売機で買ってと、慌てず騒がず参りましょう。
駅を出て暫く走ると、旧市街の狭い道へと入っていきますが、両側の建物や駐車車両がトラムの車体ギリギリとなり、鎌倉の江の電どころではありません。ヨーロッパは古い街並を良しとして、これと共存しているなと感じさせられる一場面です。開発に明け暮れている日本とは大違い....

ゲントのトラム券売機

↑これは市中のトラム券売機で、同じ物が鉄道駅にも。大丈夫、普通に買えます。

ゲントは工事中

↑街がすっぽり工事中で、なんだか誇りっぽい。

などと思いに耽っていたのですが、市のヘソとなる広場(Koren Markt)に到着してみると、いたる所が工事中
本来なら広場を突っ切って更に先へとは知っている筈のトラムが、広場の停留所で行き止まりです。回りはどこもかしこも掘っ繰り返され、フェンスで区切られてで、風情はどこかへ吹き飛ばされていました。
これまでも、結構、工事は目に付きました。ブリュッセルの中央駅周辺では大々的な工事で道が通れなくなっていて、いささか遠回りしないとならない程でした。あるいは、ブル-ジュでは細い路地まで作り直していて、その工事の場所を目安にすることでもう一度、行きたいと思っていたお店に行き着けたりといったこともありました。
特にベルギー国鉄は主要路線での安全対策工事を行っていたりして、運行への影響を車内放送していた他、リエージュやブルージュ等の主要駅の大幅な改装を行っていました。
考えてみると、それは世界的な金融危機からする景気低迷への対策なのでしょう。ヨーロッパの多くの国は社会主義が根強く、ベルギーの鉄道が国営であるように、日本よりもずっと国や州政府の果たす役割には大きいものがあります。
街並の保全や観光振興を目的とする工事も、きっとそのような公が旗を振って勧め易いのだろうと思われます。ともあれ、単なるビルの立て直しというのではなく、街を大掛かりに作り直している所が幾つもありましたが、ここゲントはその中でも最大規模といった感じがしました。
正直に言って、旅行者にとってはいささか興醒めでした。トラムを降りた広場から、広場の右手(東側)にある聖ニコラス教会を挟んで、市庁舎や鐘楼に囲まれた広場もで、市の中心部はすべからく工事中。特に風情を満喫のブルージュから来た身としては、寂しくなります。
ブルージュで風車を見てからゲントへ来たので、少し歩いて回るともうお昼です。
この日はちょっと肌寒かったこともあり、寂しい気持ちを強めつつ、それでもレストラン探しをしましたが、ピンとくる所がなく妥協。
本当なら、美しい中央広場を囲む一角で、テラス席に陣取ってなのに...工事現場を眺めての食事じゃ仕方ないし、そうでなくとも寒いから今日は中に入ろうかと。そのうえ、イタリア人なら決してその存在を許しはしないであろうパスタを食べさせられては、何をか言わんや。もっとも、昨晩はカルメリートで豪勢に腹一杯食べたので、ここは軽くにしておこうと考えてパスタを選んだのは他ならぬ自分自身ではあるのですが。

ゲントのスパ

↑腰というものが全く無い。アルデンテって知ってるかい?

ゲントのスープ

↑こういった普通のスープが実は美味しい。特に寒い時には最高だね。

寂しい気分のままにレストランを後にして、向かったのは最初の広場から目と鼻の先のレイエ川沿いです。川を挟んで、西がコーレンマルクト、東側がグラスレイと呼ばれる、かつてゲントが栄えた当時の中心地です。
有力な商人の館、各種のギルドハウスが建ち並んでいたのを、中には少し傾いでいるのがあっても、そのままに保存された街並。川にはクルーズの小舟が行き交います。
いやー思えば失敗でした。食事をするなら中央広場、それは一面の真理ながら、ゲントの場合にはこの川沿いこそが風情ある場所だったわけです。工事が終われば少しは事情も変わるかもしれませんが、皆さんには是非とも川沿いでのお食事をお勧めします。
私達も、ビールを軽く一杯いただいて、気持ちが少しは上向きに。陽も出てきてくれたので、川沿いのテラス席で街並や人々の様子を眺めて、一時を過ごしました。

レイエ川沿い

↑レイエ川沿いのほんの一角ですが、そこだけが別世界。

それにしても、工事もあまり大々的だと本当に興醒めです。
もっとも、ベルギーは日本と比べても旅行者にとっての物価(外食やホテル代など)はそれなりの高さですから、1ユーロが130円そこそこだからこそ予算もそれなりで収まったかなと今でも思います。そして、一時は165円もしていたユーロがこのように下がったのには、世界的な景気動向が影響しているかなと考えると、そこは痛し痒しかもしれないとなります。
だって、そこかしこで工事をしているのは景気対策かとなりますと、それは景気が低迷したからで、ということはユーロの為替レートの動向と同じ根っこからきているのかとなるからです。いささか興醒めの事態があっても、そんな時だから予算としては許せる範囲で収まったと言えるのかも。
まあ、スーパーで普通に食べ物を買うなら日本よりずっと安いので、現地の人の感覚はまた別でしょう。そんなふうに、現地で暮らすように過ごせる日がいつかくるといいのですがと、最後は夢を描くのでした。

ブルージュ讃歌3

2009年10月18日 20:47

更に続くブルージュ編です。お話はブルージュに到着した、その日の夜に戻ります。
今回の旅でも、ある意味でのハイライトとなりました、ミシュラン三ツ星レストランでの食事体験をお話しします。私達としてはこれまでにない、そして今後も再びあるかどうかの高級店です。

お店の名前はデ・カルメリート(De Karmeliet)といい、美食の国とされるベルギーでもミシュランの三ツ星は3店のみという中のひとつ。しかも、1996年に三ツ星を取得して以来、長らくこれを保っているという名店です。
それにしても、このお店の予約を取ったのは勢いという他にありません。
ベルギー旅行を最終的に決める数ヶ月前、手にしたのが「ベルギー美食紀行」という本でした。その本に載っていたお店の一つですが、三ツ星というわりには予算がコースで50~135ユーロと、何とか手が届く範囲かなというのはありました。それでも、いつもの感覚からすれば随分と高いので、その時はふんふんと頷いて読んだだけでした。
それが、実際に手配を進めていくと、ホテルが全般的に思ったよりも安くおさえられたこともあって、なんだかその気になってしまいました。
ちなみに、「ベルギー美食紀行」は、日経BP企画が発行元となる旅名人ブックスのシリーズで9番目のものです。私達がベルギーに行ってみたいなと思ったきっかけになったのが、同じシリーズでも73番目の「ベルギーの田舎町」なので、それよりも随分と前からあったわけです。
2005年に第三版として改訂されていますが、後から考えみると値段などは数年違うと結構変わるかも?で、思わず予約が取れてしまったのを悩ましく感じてしまったりもしました。食通を唸らせる名店などというと、随分と先まで予約が一杯などとテレビで紹介していたりして、簡単に最初の希望の日時で予約が取れるなんて思いませんでしたので。

さて、行くとなればお洒落な恰好で、心から楽しみたいもの。
これまたラッキーだったのは、お店の場所が泊まったホテルと同じ並びで、それも目と鼻の先だったことです。本当に歩いて何歩?という位でした。
デュルビュイに泊まって、その街にあるアルデンヌのイノシシ亭で食事した時もそうでしたが、めかしこんでハイヒールを履いたかみさんにとって、石畳の道はきついもの。近いと助かります。
それにしても、行ってみるとお店の前に立っても目立つ看板のひとつとてなく、全く目立ちません。目立つ必要もないということなのでしょう。お店の自信が感じられます
そして、やおら開けられるドア。にっこりと微笑む男性。
お店の中から見ていたんですね。無理に気取っても仕方ありませんが、まずは気後れせずにもの馴れた物腰で.....って、そんなことを考えている時点でいけませんが。

お店に入ると、まずは一階の奥にあるサロンに通されます。庭に面したサロンの写真は本で目にしていましたし、まずは食事とは別の場所で食前酒と、これはもう経験済み。
とはいえ、食前酒に何を頼もうかといっても、お酒にはあまり強くないこともあって無難にシャンペンかなとはなります。結構、強いお酒もありますから、気を付けないと特に空きっ腹には効きますので。
それにしても、やはりいいレストランでは食前酒のお値段はそれなりですが、それに応じたものが付いてきます。オードブルが出てきた瞬間に、その美しさだけでも嬉しくなりますが、口に含めば勿論のこと幸せ気分がいっぺんに広がります。なんだかあっさりと食べてしまうのが勿体なく感じられますが、まだ本当の食事はこれからです。

カルメリートのオードブル1

↑オードブルの1品目。どれも軽めで、胃に優しいスタート。

カルメリートのオードブル2

↑同じオードブルでも2品目はしっかりめ。結構アルコール度数が高いシャンパンに合う。

ということで、本日のディナーは如何に?と、メニューを渡されます。
私達が選択したのはワイン込みのディナーコース(Menu de Priintemps vins inclus)で、これならワイン選びに苦労もしませんが、供される料理に合ったワインを何種類か楽しめるのが何よりです。お酒に強い、あるいは人数が多いなどで、白と赤と両方などと飲めれば別ですが、私達の場合はそうもいきません。それに料理との相性ということもあるでしょうから、ここはお店を信じてプロに任せた方が良いというものでしょう
食前酒とオードブルを、そして料理のオーダーを終えると、二階へと案内されます。
さーて、いよいよ食事も本番です。お洒落なテーブルセッティングから、早くも心は弾みます。どんな料理が出て来るか楽しみなわけですが、味はもとより盛り付けや使われる食器など、味わえる要素が盛り沢山です。
そして、盛り沢山といえば、海外でのしっかりとした食事はかなりのボリュームがあります。以前より小食になっている私達二人もですが、楽しみにしつつも量が多くて持て余さないかが心配という義母は、そんなことからも緊張の気配。既にオードブルだけでもそれなりに食べた感がありましたから。
その点、いいレストランは量より質か?ということで、あまりの量にビックリというのはあまりないように思われ、それを期待しました。
実際に蓋を開けてみると写真の通りの4品で、ほどほどの量が私達にはピッタリでした。特に2品目の冷製スープは、量が多くないこともありましたが、そのさっぱりとした味が一休みになって良かったです。
全体に味が濃くなく、それが上品な味というものかもしれませんが、お腹にこたえずに食べられます。最初のサラダ仕立てが海のもの主体であったうえに、メインがお魚だったのもGood!

カルメリートのサラダ仕立て

カルメリートのガスパチョ風

カルメリートの盛り合わせ

カルメリートのメイン料理

↑コース料理の4品。素材のバラエティーや味の取り合わせなど、いずれもさすがは三ツ星

あとはデザートか。結構、別腹の私は余裕有。他の二人も今日はいけるよ、の笑顔。
が、ここから先がカルメリートの真骨頂とは、私達には知る由もありませんでした。
出てきたお皿には、色目も美しいケーキなどが並んでいます。さすがに何種類か食べさせてくれるんだね、と喜ぶ私達。時にはデザートまではいらないよと、その手前でお腹一杯でギブアップもあります。が、この時は最初から気合も入っていましたから、結構な量のデザートにも、それだけ色々と味わえるという気持ちの方が勝っていました。
が、喜んだのも束の間。
次なるデザートが登場!ほんまかいな?と、これまでに無い展開に喜びよりもとまどいが。
まあ、それでもアイスクリームが主体だし、回りにあるのもフルーツだからそんな重くはないね。いささか食べるのが大変になってきたところで、そう自分に言い聞かせつつフォークを手に取ります。なんとも贅沢な話ではありますが、これが心の中の真の声でした。
それに追い打ちをかける、とどめの一撃!!
なんと、デザートの3品目。マジ?と誰かに訊きたくなる思いがしたのは、私達だけではない筈。きれいですよ。食べれば美味しいですよ。でもねー、お腹がこんなに膨らんでしまって、と心の中で泣笑いをしつつ、完食!

カルメリートのデザート1

カルメリートのデザート2

カルメリートのデザート3

↑デザートが3品は想定外。かなり圧倒されました。

素晴らしい食事でした。勿論のこと大満足です。
もっとも、値段も大したものでしたが(3人、全部でEUR611.00)、ここまでしなくともという内容からも、このような食事は最初で最後かなと思いました。まあ何事も経験ですが、美食の国の人達は大食漢でもあるのだなと実感しつつ、食文化の違いとは胃の大きさの違いも反映しているなどとも考えました。
自分の胃に合った楽しみ方が一番ということですね。

こんな食事もあって、ブルージュは堪能致しました。
街の規模、風情、周辺を回る足場と、実にいい街です。大都会では疲れるという方にもお勧めですが、それでなくともヨーロッパらしい古い街並、その趣きにひたりたいという方には、ベルギーで一番の街は間違いなくブルージュとお答えします。
是非とも、皆様も訪れてみて下さい。

ブルージュ讃歌2

2009年10月04日 16:57

まだまだ続くブルージュ編。

ブルージュのマルクト広場

↑マルクト広場で私達が昼食を摂った所(忘れてしまったお店の名前が見えてますね)。

今回はひとつエピソードがあります。
それは、ブリュージュのマルクト広場の一角での昼食にまつわるものです。お店の名前は忘れてしまいましたが、広場の北東の角だったと記憶しています。
ヨーロッパの古い町並みが残った所では、やはり中央広場は眺めが良く、その風情も食事と一緒に味わえて最高です。ここブリュージュでも、広場に面して州庁舎や鐘楼が聳え、観光馬車が行き交って、旅人としては旅情に浸りきれて最高です。
それに食事もなかなかのもの。
特に鴨のレバーのパテは絶品!

レバーパテ

↑かみさんは今でも夢に見る? そうな

ブルフセゾット

↑ブルフセ・ゾット(ブルージュのピエロ)の醸造所は市内にあり、見学が出来ます。

さて、食事を終えて少しは街を見て回りますかと、広場を後にしてひとしきり観光客の群と一緒になった後のこと。
義母が、
「時計が無い.....
と、言い出すのです。
「落ちたら結構な音がする筈だけど、そんなこと無かったよね。」By私達
「そうだよねー。食事した所で落としたかな?」By義母
となりまして、昼食を摂ったレストランへと戻ってみました。
もっとも、義母は落とした場所はそうかもしれないけど、もう無いよ(=誰かが持って行ったよ)と悲観的でした。海外だしねー......と。

が、戻ってみれば、私達のテーブルをみてくれたウエイター(頭)の人が笑顔で迎えてくれて、
これですね、とすぐにかざしてくれた義母の時計。
私達はただもう有り難うと日本人らしくお辞儀を繰り返すばかり。
それにしても、しっかりとしたお店、スタッフさんでした。給仕をしてくれていた時も感じの良い人だと思っていましたが、やはりきちんとしたお店では滅多なことはないものですね。無事に戻ってきた時計で、ベルギーはいいねーの想いが強まるのでした。

それにしても、運河クルーズくらいで、ブルージュの見所の話は出て来ないなと思われる方もあるかもしれません。
私達だって、聖血礼拝堂、メムリンク美術館、それにペギン会修道院など、それなりに見て回りました。しかし、それらは一般的なものですので、特にここで書くほどのこともないでしょう。
ひとつ紹介するとすれば、街の中心部からは少し外れて、街の外周を形作る運河沿いにある風車でしょうか。主な見所からは離れているといっても、マルクト広場から1KMまではないかという場所ですので、行って行けない場所ではありません。ただ、街の南にある鉄道駅から北へ、マルクト広場までが観光の中心なのからすると、マルクト広場から更に北東ということでは足を運ぶ人も少なくなります。
私達は、ブルージュを拠点に回りの街へと出掛けもしました。その日は、お昼前にはゲントに行こうかということで、風車を見てからだと時間的に丁度いいかなといって、そちらへ回りました。思ったよりも大きいのと、風を受け易いようにでしょうか、小高い場所にあって見栄えがありました。私達は入りませんでしたが、中に入ると風車の構造などが良く解って、興味のある方には面白いかもしれません。

ブルージュの風車

↑風車のある所から鉄道駅へ、運河沿いは遠回りでした。それに運河を渡る風は冷たい。

結局は食べることがメインの私達の旅!
観光の話はちょこっとで、再び食事のお話へ。
ブルージュにはいい感じのレストランが沢山あります。有り過ぎて選ぶのが大変なくらいですが、ブルージュでは2度目の昼食、そしてベルギーでは最後の食事に選んだレストランは、4つ星ホテルの1階にある(おそらく直営)のMaria van Bourgondieでした。
最後だから決して安くはないだろうけれど美味しいものをというのと、その日は時おり雨がぱらついてちょっと肌寒かったのですが、好きなテラス席に暖房設備を使ってくれていることが、選んだ理由でした。
そして、結論は、やはり良いレストランはそれだけのものを出すね、でした。
その日のランチがEUR16.50とバカ高くまではないものの、やや贅沢。勘定書ではSlibtongetjesと書かれたヒラメはEUR26.95となかなかのお値段でしたが、そのボリュームと、大きいけど大味なことなど全く無い美味とで、納得でした。
マルクト広場ほどではないものの、通りの向かいには教会が建ち、やはり雰囲気のあるロケーションでした。ブルージュの美しい街並と食事、いつもそれらが一体となって思い出されます。

ブルージュトリプル

↑お宝本、ベルギービール大全にある通り、味わいが深いビール、ブルージュトリプル。それにしても、泡のきめ細やかなことよ。

ブルージュでヒラメ

↑調理自体はシンプルだと思うのですが、何ともいい味でした。

ベルギー最終日は、電車でパリに移動してパリ北駅近くで最後の晩をという日程でしたが、その最後まで楽しむのは食事。かくして、電車の時間をはかりながら、美食の国を味わい尽くしたのでした。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。