スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルギー総集編

2009年11月02日 16:37

ベルギーの旅は終わり、最後にちょこっと寄ったパリ北駅で、次回はフランスかな?と呟きましたが、ベルギーを振り返ってポイントを。

アムステルダムの中央広場

↑外カフェはヨーロッパ旅行での何よりのたのしみ(アントワープの中央広場にて)

治安:ブリュッセル南駅近辺が唯一、治安に不安を感じた場所でした。人種や宗教で差別をするつもりは毛頭ありませんが、旧植民地の関係や積極的な移民政策によるのでしょう、黒人やイスラム系の人などが目立つその地区は、昼間でもちょっとという感じです。
ベルギーの至る所で工事が多かったものの、この地区では再開発というより捨て去られたビルをなんとか綺麗に作り直しているといった印象でした。道を歩いていても今一つ落ち着かないというのが正直なところで、夜は避けた方が良さそうに思われます(この近辺のホテルに関するコメントで治安が悪いというのが目立ったのも頷けます)。
リエージュで、市庁舎とムーズ川の間辺りは下町という感じですが、ちょっと近付き難い雰囲気がありました。相棒2人がへたって、私一人がレストラン探しでちょっとだけ歩きましたが、一般の旅行者が足を向けることはないと思われ、ここは気にせずとも良いでしょう。
それ以外では、特に地方は全くですが、これといって不安なものは感じることはありませんでした。リエージュにしたところで、上記の一画を除けば夜でも怖い事はないでしょう。私達は夕食の後、20分と少々、歩いてホテルへ戻りましたが、表通りだったからとはいえ物騒な気配は微塵もなかったです。
それでも心配な方は、日が長い季節に行かれて、人通りの多い所でだけ行動されれば安心でしょう。もっとも、田舎町では人通り自体がなかったりするかもしれませんが。

ギルマンズ駅

↑そこら中でやたらと工事をしていて、リエージュのギルマンズ駅も全面改装中でした。

物価:現地の庶民が暮らす上でのことは別として、旅行者にとっては物価が高い国と言えます。今回は1ユーロが135円程度でしたが、レストランでの食事や美術館等の入館料などは、この為替レートで日本と同程度か少し高いかなといった感じです。数年前には160円台がありましたが、そのような時に行ったら辛いなと思います。
ただ、旅行は工夫次第なので、以下の点を心掛ければベルギーの物価水準はそれとして、中味の濃い旅行が楽しめるでしょう。
まずはホテルですが、中級以下、つまりは3つ星以下の手頃なホテルをこまめに探すことです。日本よりもはるかにホテルの数は多いと思われ、多少は駅から離れていても良しとするとか、寝るだけなら部屋は清潔ならばと割り切るとかすれば、選択肢はかなり広いものとなります。そのうえで、ホテル自体あるいは予約サイトなどで、割安なプランを探しましょう。
次に列車を使う場合ですが、週末料金などの設定や往復での割引などで、通常料金よりもかなり安くなる場合があるようです。私達の場合は日曜日にブリュッセルからアントワープを往復した時がそれに当たっていて、他の時の料金と比べて随分と安くなってました。
あとは、街によっては見所の多くをカバーする共通割引券があったりしますので、上手く利用することです。

チーズの山

↑色んな種類のチーズ。値段は1KG当たりだから、日本と比べると随分と安いね。

食事:ベルギーは美食の国ということへの答えですが、実をいうとちょっと違うかなというのが結論です。美味しい物が味わえかったわけではありませんが、美食の国というよりも食事を楽しむ国というのが正解のように思われます。
何よりもレストランの数が多い国です。そして、レストランで食事を楽しむ人達もまた多い。
勿論のこと中には高級レストランもありますが、それよりも一定水準以上のレストラン(あるいはブラッセリー)が揃っていて、そこでの食事をベルギーの人々は頻繁に楽しんでいるということと私達は受け止めました。そのようなレストランでのメニューはさほどに特別なものではないけれど、何を頼んでもしっかりとした本物の味が楽しめるわけです。
それは他の西欧の国も同じかと思われすが(イギリスは除いて)、考えてみれば米国式で日本でも蔓延っている外食チェーンはほとんど見掛けません。全く無いわけではありませんが、実に少数でファミレスなどまずもって目にとまることもありません。
美食の国というよりも、美味しい物が常食の国と言っておきましょう。

チョコと苺

↑ベルギーチョコは有名だが、5-6月なら苺もいいよ。これだと一度に両方味わえる。

デザート色々

↑食後にコーヒーを頼むと色々なデザートが付いてくる。特にフランス寄りはかな?

観光名所:美しいお城やその庭園、立派な教会や風情のある街並。ベルギーにも素晴らしい所は沢山あります。しかしながら、イギリスやスペイン、オーストリアあるいはイタリアなどと比べると、正直なところ今一つの感が否めません。
何故だろうかと考えてみた末、次の結論に達しました。
ベルギーには栄光の時代が無かった。先に名前を挙げた国々には、世界に覇を唱えた栄光の時代がありました。イギリスとスペインは正しく覇権国であったことがあり、オーストリアはそこまでではないもののハプスブルグ家の栄光に翼し、あるいは世紀末芸術では世界の中心となりました。イタリアは古のローマ時代にあっては、当時の西欧にとっての全世界の覇者であり、ルネッサンスでは芸術で覇を唱えました。
それからすると、ベルギーは長らくどこかの国の一部であったり、強国が奪い合う土地でした。独立後のベルギー王国としての歴史も決して長くはなく、富の蓄積や文化・芸術といった点でちょっと見劣りするかなとなるわけです。
それでも、毛織物等で栄えたフランドルの諸都市(ブルージュがその最たるものですが)やそこで花開いた芸術(ルーベンスやブリューゲルなど)といった、いわば点としての栄光はあります。しかし、国全体としての面となるまでのものはなかった。
それ故、華やかさや規模といったところでは、お城や王宮等の壮麗さが、かの国々には及ばないわけです。

となると、ベルギーは今一つだったわけ?
と思われることでしょう。一面ではYesですが、やはり最終的な答えはNoです。
もっとも、それは私達が田舎好きで、のんびり派だからかもしれません。人で一杯の観光地が嫌いで、並ぶのは嫌。特に並んでまで食べるなんて考えられない。
といったことからすると、人によっては今一つというかもしれないような、ちょっと小振りで良く言えばラブリーな田舎のお城が実は好きというか、私達にはお似合い。展示にもっと工夫が必要だろうなどと文句を付けつつ、ゆっくりと見れてマイペースで過ごせるのがお気に入りだったりもする。
第一、食事だって気取らないのがいい。はなから高級レストランなどそうは行かないけれど、それにしても庶民派といった感じのごく普通のレストランで、それも結構普通のものだけど上手い!
そして極め付きは、ビールが最高!腹にたまることなく、食前でも食事中でも、なんなら食後でも飲める。それも色んな味があるので飽きがこない。
で、結局どうなのよ?となりますと、国の大きさ故にある程度は回れたので、ベルギーだけでもう一度というのはないでしょう。イタリア、スペインそしてドイツなどとなると(それとまだ言ったことはないけどフランスも)、とても一度の旅行では回りきれないので、また行きたいねとなります。それと比べるとなのですが、もう一度ということにはなりません。ただ、近くの国への旅行となって、なおかつ時間が許すならちょっと行きたいよねという気持ちはあります。
あれこれと見て回りたくなるので、行った先の国の中でうろちょろでしょうから、とてもそんな時間は生まれると思えませんが、ベルギーよ待ってておくれと、心の中では呟いております。

ビール色々

↑ベルギーと言えばやっぱりビールかな。皆で色んな種類のビールを楽しもう!

さて、これをもってベルギーの旅の報告は終了です。
まだ、いつからになるかは未定ですが、次回からはバーモス・スペインの続編で、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの道をお送りしたいと思います。2007年のスペイン北部の旅のレポートとなりますので、ご興味のある方はまた宜しく。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。