スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しき運河の街 ーブルージュー

2009年09月27日 13:52

ベルギー旅行もいよいよ終盤、リエージュから電車でブルージュへ移動します。
ちなみに、リエージュからですとブリュッセルを経由してブルージュまで乗り換えなしで行けます。ナミュールだとそうはいかずにブリュッセルで乗り換えになるので、私達はナミュールを起点にしてリエージュでレンタカーを返却する行程を組みました。

ブルージュでは3連泊しましたが、旅行の最後に主要都市で連泊するのは私達の1つのパターンです。移動を繰り返す旅はさすがに疲れますので、最後の締めは少しゆっくりしたいのと、数日続けてステイするに足る街を満喫しようという、2つの点からです。
これまでの旅でも、イタリアではフィレンツェとナポリ、スペインではバルセロナ、そしてイギリスではロンドンといったところで、最後に数泊しています。

で、ブルージュはどうだったかですが、
最初に結論を書きますと、ブルージュでの連泊は大正解でした。
私も魅力的な街だと感じましたが、何よりもかみさんが強く希望しました。その理由としてかみさんが揚げた点は、実際に行ってみると、どれもがなるほどと頷けるものでした。

ブリュージュの町並み

↑古い家がそのまま。昔の建物の大きさには圧迫感がなくて、それも心が和む理由かな?

何よりも良かったのは、古都の趣きがよく保たれていることでした。ベルギー伝統の町並みが残り、その中に浸っていると心は自然とかつての時代に飛んでいきます。統一感があるので、一旦そうなると、町並み同様に心も途切れることなく思いを馳せ続けることが出来るのです。

運河と教会

↑ボートの進む先には高々とした教会の塔。青い空とともに一枚の絵画ですね、これは。

頭上注意

↑運河巡りでは幾つもの橋をくぐります。本当に頭上すれすれの所もあって、要注意!!

その町並みの一部となりますが、運河が巡らされた街には風情がありました。
かつて訪れたベネチィアが完全に車を閉め出しているのには及ばないものの、その時に感じたのと同じ良さがありました。運河によって仕切られつつ、昔のままの小道が張り巡らされた街には、何か秘密の迷路を巡るような楽しみがあります。角を曲がった先には何が有るのかな?と街歩きのわくわく感が一層強くなるのです。
そのような街の魅力を更に高めてくれるのが名物の運河巡りのボートで、私達もいさんで乗りました。市内を一通り回りますが、運河から見上げると、街の表情がまた違って見えるんですね、これが。
それとは別に、街の外周を縁取る運河もまたいいものです。運河によってきれいに街の輪郭が浮かび上がり、その畔に佇む風車や城門などとともに、外から街を眺めてもまた絵になるのです。
海とも繋がっていて、かつては物資輸送の大動脈だっただけに、幅も広くて結構大型のクルーザーなどが行き交います。それらの船が、跳ね橋が上がるのを待って通り抜けて行く光景なども、なんだかのんびりとしていいものでした。

運河にかかる橋

↑跳ね橋もありますが、これはぐるっと回る方式。船の人達は、それは気長に待ってます。

そして、大都会が苦手の私達にとっては、丁度いい大きさの街という点も重要です。
特に、連泊するとなるとそれ相当の見所や食事の場が必要になりますので、大き過ぎて人波に揉まれるのは嫌といいつつ、それなりのものを求めたくなります。
有名な観光地ですから確かに観光客は多いものの、ブリュッセルで経験したように、大勢の地元の人達が買い物や食事に繰り出してごった返すといったことはありませんでした。また、観光客の中には日帰りの人達も多いようで、夜になると比較的落ち着くので、一日中疲れてしまうということもないのです。

また、ブルージュ滞在は、ゲントや海沿いのオステンドなどを訪ねるのにも好都合です。
ゲントならブリュッセルからでも行き易いのですが、大都会は身体も疲れますが、ホテル代が高いと財布も疲れます。旅の最後はそれまでの疲れがたまっているので、特にその点は気になるところです。
気軽に歩ける街から、これまたそう遠くはない場所へ、ちょっとしたお出掛け気分で行けるのがいいのです。私達が行った以外でも、近場ならダム、ちょっと電車に乗ってイーペルなど、魅力的な場所が他にも数多く日帰り圏内にあります。

ベルギーの旅全体を振り返っても、このブルージュが文句無しに最高だったと言えます。

(レストラン、パブそしてホテルなど、ブルージュ最高! を裏付けるお話はまた次回に。)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。