スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベエルタ・ア・エスパーニャで巡るスペインの旅(城壁の街、アビラ)

2007年09月20日 22:54

城壁を回るスプリント合戦

stage 18
レッツ拡大


今日のゴールはアビラの街。その北側で街を半周する恰好となる国道110号線から街全体が一望出来ます。国道が丘の稜線の上を走っているよころ、アビラの街はその稜線が落ち込んだ先で、南へと向けて緩やかに高くなっていく丘に位置します。それも、ぐるりと街を囲む城壁が完璧に残っています。低くなった合間の空間の向こうに、それはまるで昔話の中の存在のようにくっきりとその姿を見せているのです。

アビラ

      完璧な城壁です。 
      国道の脇にはローマ時代のものなのか、なんだか遺跡が。
      そこからパチりと写真タイム。

レースではその城壁を最後にはぐるっと一周してゴールへと向かいます。途中が険しい山で、その名もSierra de Gradosという山岳ステージですから、スプリンター達には厳しいかとは思いますが、それでも城壁を周回するコースでのスプリント合戦は絵になるだろうと期待してしまいます。
それにしても、やはりスペインでの南北への移動は山越えとなります。昨日はまあ丘という程度で山岳ステージではありませんでしたが、本日はほぼ2千メートルに達するれっきとした山岳ステージとなります。総合優勝争いでも誰か仕掛けないかと、盛り上がりを求めるのは私達だけではないことでしょう。このまますんなりといっては、眠い目をこすりながら夜の放送を見ている身としてははっきりと言ってつまらない。
つまらないと言えば、名物を食べ損ねた後悔もまたこれに匹敵するものがあります。アビラの名物はアビラ牛。地図に添えた食べ物の絵はいわゆるサーロイン・ステーキですが、地の物を食べるがモットーの私としたことがアビラで一泊したのに...
で、そんな食べ損ねあるいは見未損ねがあると、きっとまた行くぞと、どうなるか解りませんが気持ちだけは未来へと飛んでいきます。昨年はチリンドロンソースを食べ損ねたので、ナバラ州にまた行かねばと思っていますが、何しろ美食の郷であるバスクへ行っておらず、そのお隣であるナバラともどもいつかはという気持ちでいます。

話がやや逸れてしまいましたが、アビラから近い、ローマの水道橋で有名なセゴビアには子豚の丸焼きや鱒のセゴビア風といった名物があります。また、サラマンカにはトルメス川にかかるローマ橋などありますが、兎肉の料理などが美味です。アビラも含め、ここカスティリア・イ・レオンの南部は見所も食も豊かで、マドリッドからも近いですから、スペインを旅行する際には是非とも訪れることをお薦めします。
マドリッドから高速6号線を1時間も走れば、ビッラカスティン(Villacastin)のジャンクションとなります。そこから南西へ高速51号線をとればアビラで、所要時間は30分もあれば充分です。アビラからサラマンカへは国道501号線で約100kmですから、時間にして1時間半みておけばという距離です。またセゴビアへは、マドリットから直接なら上記のビッラカスティンよりも手前のサン・ラファエル(S. Rafael)のジャンクションから高速61号線に乗り換えますが、1時間半もかからないかという距離です。
そして、これらの3都市はそれぞれが三角形の頂点といった位置関係なので、マドリッドからこれら3都市を中心に巡ってというドライブ旅行 は良い組み立てと言えましょう。特に、慣れないうちはあまり長いドライブ旅行をしたくないなと言った場合、最低限なら1-2泊で回れますから初心者の方でもあまりきつく感じられずに良いかと思います(但し、マドリッドで車を借りて、返すのもマドリッドとなると、行きはよいよいかえりは怖いではありますが)。

さーて、今日は山岳ステージ。激戦に期待だ!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。