スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレッツォ南、私達はそう呼んでる宿のお話

2016年01月18日 11:00

イタリアの街々。
その多くは、特に旧市街は昔のまま。
狭くて、ごちゃごちゃとしてて。素晴らしい教会や宮殿などが、ぎゅっと凝縮された
地域に点在している、観光するにはうってつけで、歩いて回れます。
しかし、一方で困りものとなるが宿探し。そんな旧市街でホテルを見つけることは
えてして困難なもの。
大きな街であれば、そうは言っても旧市街自体がそれなりに広い。例えば、島々の
全てが旧市街のベネチア。あるいはフィレンツェともなれば、結構大きな都市である
分、それはもう高明な観光地でもありますから、ホテルはピンからキリまでより取り
見取り。
あるいは、小さな街ではあるものの、周りに何も無い。それで、狭い旧市街ながらも
それなりにホテルが作られる(って言っても、昔の建物を使用するのであって、新たに
建物自体が建てられるわけではないが)。そんな街の代表格がサン・ジミニャーノ。
あるいは、私達が泊まったところでは、ルッカ。
それ以外は街の外に宿を求めることが多くなりました。前日のウルビーノがそうでした
が、この日も。そして、その後のペルージアやシエナなども。
しかし、あまり心配することはありません。街の外と言っても街=旧市街という意味で
あれば、旧市街が小さく狭いからホテルをその外になのであって、そこまでは歩いても
10分程度などでホテルを探すことも可能です。また、旧市街に入ってしまえば、反対側
の端まで歩いても、これまたしれたもの。
あるいは、この日のアレッツォ南というがごとしの、街から遠く離れた宿にしたからと
いっても、駐車場が街の外縁部にしっかりと備わった街を訪れる分には、さほどに不便
なことはありません。そのような街といえば、今回の旅だと、アッシジ、スポレート、
オリビエート、シエナそしてピサといったところです。
駐車場から街中まで少しは歩きますが、これも旧市街の外縁部からであれば中心部までは
しれた距離。たっぷりと食べて、食事も堪能する旅では歩くこと=運動も大切。

この日の宿は、アレッツォを出て国道沿いを南に下り、翌日に向かうアッシジとのいわば
中間点。目印はキロポスト。
キロポストって?最初は私達、ピンときませんでした。なんか表示が出ているようだが、
どんなもの?すぐに分かるかな?と不安な思いも。
でも、行ってみれば何のことはありません。何にも他に目印になるものが無いからこその
キロポスト(何キロの表示)を、(左折して)入れなわけで。すぐにそれと分かります。
それだけが忽然と立ってますから。
そして、道を入っていけば、その先にもあれこれのものがあるわけでありませんから、
それなりに着きます。
この時は、ただ一本道を進んでいく途中で、ちょっとした家の入り口らしきが。うーん、
ここかな?
一本道からそこへ入ってしまって、間違っていると後戻りが大変そう。ということで、
カミさんが車を降りて様子を見に行きました。
結果的には違ったのですが、そこの家のワンちゃんから大歓迎を受けそうになったそうな。
道を登ったはるか彼方から、カミさんを見かけた犬が、尻尾を振って駆けてくる。誰か
来たのー。嬉しいよー!と叫んでいる感じがありあり。余程に寂しかったのであろうけれど、
そんな勢いでこられた。結構大きい犬だし、押し倒されそうで、と。ご免ねと心の中で
呟いて姿を消したそうな。
途中、すっかり朽ち果てた家の傍を通り過ぎ。電線はその先にもいってるから、まだかな
と先へ進む。そうして到着した、いわば一軒宿。
元はドイツの方が経営する、日本で言えばペンションでしょうか。かなり立派な。
夏場はプールもやっていて、滞在型だから三食付きのフルボードもあり。私達は朝夕付きの
ハーフボードで利用しました。
夕食のメインは何品かの中から選べます。カミさんは味が安定した鶏料理。どこの国・地域
でも鶏肉は裏切らない。安心して食べられると、私達二人揃っての結論。そして、私は牛肉を
選び、これは地元のキアーナ牛かと拘って質問するものだから、笑われたりして。
その牛肉ですが、すっかりとイタリア化してゆっくりと食べてると冷めてしまいましたが、
冷めても硬くならない。聞けばマリネしているからのようで。なかなかに美味なる食事が
堪能出来ました。
ワインは飲みきれなければ、連泊だったら翌日の晩にどうぞ。あるいは部屋に持ち帰って
もいいですよとのこと。
観光名所をひたすら回る、どうしてもそんな旅になってしまうので、逆に滞在型でゆっくり
もいいねという話になると、アレッツォ南で寛ぎたいねというのが決まり文句になっている
私達でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。