スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタ、その新世界

2013年12月22日 16:02

皆さんはパスタと聞いて、どんな味を思い浮かべますか?
トマトソースのパスタは基本ですね。
辛味の効いたペペロンチーノ、クリーミーなカルボナーラ、バジルソースのジェネベーゼ、いささか本場から離れますがバター味のジャワ風….と、色々あります。

が、しかし、私がかつてのエステ家の本拠、フェッラーラで出会ったのは、全くそれまでには無いお味。
甘ーいカボチャにバターで更に深い甘みのソースで包まれたラビオリもあれば、ほうれん草を使って緑色も鮮やかな野菜の味が前面に出たフィットチーネ。
少なくとも、私のパスタに対するそれまでの感覚をすっかり変えてくれました。

というか、それ以前にイタリアに行ったればこそで、パスタではなくスパッゲティーという一言で済ませてきたのは、なんとイタリアの麺文化を理解せずにいたことか。いやー、形値だけでも実に多彩。
なんだってそんなに色々な種類が?
実際に食べてみれば、それも納得です。ソースの絡み方は麺の形状や太さによるわけで、日本のラーメンだって、パスタほどではないけれど太さやちぢれ具合などそれなりありますよね。麺というと長ーいのを思い浮かべますが、いわゆるショートパスタと言われるのは麺というイメージとはいささか異なり、貝殻型や耳たぶ型などこれまた多種多彩。それに加え、中に詰めるタイプのラビオリや重ねるタイプのラザーニャなんかもあるわけで。

ところで、ちょっと話は横道に逸れますが、私が初めてラザーニャなる言葉に触れたのは、確かまだ中学生だったでしょうか。
テレビドラマで、イタリアンのレストランのオーナーシェフが亡くなり、後を継いだ桃井かおりさん演ずる娘が、全くイタリア料理なんか知らないからさあ大変。しかも、すぐお隣にチェーン店のイタリア料理屋が開業。
そして、ある日、ラザーニャの注文が。でもラザーニャって何だ?
その時、なんと助けを求める相手が緒方拳さん演ずるチェーン店の店長さん。敵に助けを求める大胆さも、実はチェーン店の店長とてそれほどのイタリア料理通にあらず、調べて何とか作るという結末。
が、私の記憶では肝心のラザーニャの完成品のしっかりとした姿が拝めなかったような。で、ラザーニャの正体はその後も暫くは私にとって不明でありました。

全く話が逸れてしまいましたが、甘い味のパスタもまたおつなものでした。
それと、新鮮だったのは野菜のパスタも美味いということ。肉好きであるとともに、甲殻類ファンである私なので、パスタソースもラグー(それもイノシシやウサギときたらモーたまりませんが)や渡り蟹やウニなんぞがと思ってきました。が、野菜の味が自体の良さもあるかもしれませんが、それもまた良しという新しい発見がありました。
ちなみに、海沿いのベネツィアでは海からの風に震えることもあった10月のイタリアのこととて、内陸に少しは入ったフェッラーラでも日差しが弱いといささか肌寒い。一方、広場の一角、外の席というのは街の景観も楽しみながらの食事が楽しい。
と、そんな時に、農業のビニールハウスの大型版のような、透明で日差しにより暖まる作りのうえ、気温によってとか夜ともなれば暖房器具もありの作りは実に有り難いものでした。その日はまずますのうららかな陽の光もあり、ほっこりとした感じで、ゆっくりと美味しいパスタを堪能出来ました。場所は正しく中央広場の一角。

ただ、フェッラーラについては、車で行く場合には注意点がひとつ。
それは、駐車スペースの確保が大変!
これといった駐車場が見当たらず、一時、街中をぐるぐると回った私達でした。道が全般に細いので見通しも効き辛く、初めての街だと自分の居る場所を見失わないようにしながらの駐車スペース探しは、いささか難儀でありました。
ようやく確保したのは、道ばたにずらりと並んだ青枠で囲まれたフリーの駐車スペース。ヨーロッパの街ではよくありはしますが、結構これが狭い。縦列駐車の腕が試されます。うかうかしてたら目ざとくもすばしっこい、地元のイタリア人に取られちまいますから!!
バンパーはこの時の為にある。多少は前後の車にぶつけたって、場所を確保して少々強引にでも入り込まなけりゃ。というのが本当なんだと実感する時でありました。
まあ、駐車場の料金は大抵が日本と比べればずっと安いですから、それなりの場所で駐車場が見付かれば、そこを利用することをお勧めします。

と、またもや本題から逸れましたが、車も時間を気にせずに停められれば、観光とあわせ食事もゆっくりと撮れるというもの。ちなみに、ワインなんぞもいただきましょう。昼からワイン、観光客だけでなく、この国では仕事をしている人だって当たり前ですから。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。