スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、野菜をたっぷり取ってます

2011年02月27日 12:28

第21回 スペイン料理 その8

主にイタリアへの旅行で野菜の美味しさに目覚め、それ以前より野菜をしっかりと食べるようになりました。そして、自分で料理をするようになると、コストの面からも野菜料理へとより目を向けるように。
昨年から今年と天候不順もあって野菜の値段が高騰。確かに時期によって、特に野菜の種類によっては随分と高いなということもありました。が、野菜には随分と種類があるので、あまり値段が動かずに安定したものなどを狙ってなどと考えつつで、頑張ってみました。
ただ、そんな中で感じたのが、これまた物によってですが値段はそれほど上がっていなくとも質がどうも...ということ。ことにじゃがいもは不作だなーと感じました。近所の八百屋さんのじゃがいもがこれまでになく質が悪い。見た目からして解りましたが、固くて皮を剥くと中味はがじがちで。煮込めば何とかなるとはいえ、いささか寂しい。
一方、葉ものはどれも高かったですね。それで、ちょっと質に首をひねりつつのじゃがいもを含め、根もの中心。でも、以前は野菜といえばサラダ=生といった感覚が強かったのが、野菜料理の幅の広さを知るようになって、根ものも含め様々な食べ方をとなったので、以前とは違います。
そんな野菜の食べ方のひとつがロシア風サラダ。野菜を茹でてマヨネーズと和えたのが、ロシア風とのこと。レシピだとじゃがいもとにんじん、それにズッキーニとありましたが、冷蔵庫にある余った野菜を使ってしまえと、ズッキーニが無い代わりにセロリと茄子を投入。まあ、好きな野菜で食べればいいんでないかい。
後の2品はお気に入りのスペイン料理から、これまた野菜をいただくアンチョビ・トマトと、メインの肉料理として豚バラ肉のマリネ焼きとで、ディナーの食卓が整いました。

コスト: E(エコノミー) 野菜中心ならコストはばっちり。エコノミー値段のドストライク700円程度で。 
手間:  N(ノーマル)  野菜料理の2品は正に手間いらず。豚肉料理もマリネしたら焼くだけですから。
技術:  E(イージー)  茹でる野菜料理、切る野菜料理、マリネする肉料理の3品。これなら本当、簡単。

ロシア風サラダ

何度も登場のクチーナ・ベジターレなる野菜料理本からで、「じゃがいもとマヨネーズのサラダ ロシア風」。
マヨネーズを手作りすることになっているさすがの料理本に対し、買って来たのをそのものまま使えばお手軽。じゃがいも、にんじん、そしてズッキーニといった野菜を丸のまま塩を入れて茹でる。で、マヨネーズと和えて、周りにゆで卵を半月形に切ったのを置いて、はい出来上がり。
今回は、有り合わせの野菜を使ったのと、コレステロールを考えてゆで卵をパス。これだともう本来のレシピとは別物?かもしれませんが、生だとあまり量を摂れない野菜もこれならの典型で、勝手に解釈したレシピの狙いには合っているのだと納得して、美味しくいただきました。

アンチョビトマト

とーっても塩が利いたアンチョビは調味料いらず。ということで、スペイン料理の「アンチョビ・トマト」は、真ん中に盛るきゅうりは塩もみするものの、周りのトマトとアンチョビにはアンチョビの漬かっていたオイルをかけるだけ。実際、塩味がきついので、下手に更に味付けなど考えると濃過ぎるー!
いやー、それにしてもこれで一品は男料理にはうってつけ。ワインをちびりちびりなんて時にはとっても合うので、それでも立派な一品として、食卓を賑わすのにいいですよ。

豚バラ肉のマリネ焼き

スペイン語では「Chuletas de Cerdo adobadas]となっている「豚バラ肉のマリネ焼き」。何の付け合わせもないぶっきらぼうなところは男だねー、と受け止めていただくとして.....
お肉って、マリネすると柔らかくなるって、これまたイタリア旅行で強ーく実感することがあったので、迷わず安い米国産の豚ロース肉で良しとしました。但し、マリネ液に一晩漬け込むとありますから、ちゃんと前の日に準備しましょう。逆に、当日は楽が出来るということでもありますので。
そう、当日はただ焼くだけ!
ちなみに、スペイン料理そしてイタリア料理と、オリーブオイルを使うのが一般的。以前はオリーブオイルって高くて贅沢と思っていましたが、今はオリーブオイルも安いものもあるので、その点は助かります。サラダにかけたりする生食用と、焼いたり揚げたりの料理用は別にして、後者は特に安いものでOKとしています。それだって一応はエキストラ・バージンに分類されていたりします。大きな樹脂製ボトルに入っていて使っても使ってもそうそう減らなくて、平気で何ヶ月ももつんですけどね。
これだと油の使い過ぎをかみさんにおこられることなく大助かりな私です。

ということで、本日のレシピは、
「じゃいもとマヨネーズのサラダ ロシア風」が野菜料理本のクチーナ・ベジターレから、
スペイン料理の2品が、それぞれ、「アンチョビ・トマト」はセニョーラ・あ~の 気ままな食卓、「豚バラ肉のマリネ焼き」はスペイン料理大好き!からです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。