スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界三大料理を喰らう

2011年01月23日 14:44

第10回 トルコ料理 その2

世界三大料理と言われて、どこの国の料理を思い浮かべますか?
私の場合、フランスと中国ときて、その次がすぐに思い付きませんでした。好みからすればイタリアですし、フランス料理の大本は歴史的にはイタリア料理だと思うので、そう言いたい所です。が、答えはトルコでした。でも、トルコ料理といったて、頭に浮かぶのはドネル・ケバブくらいのもので、トルコ料理のレストランは今を去ることうん十年前に赤坂で一回は入ったっけ?という程度。
でもって、インターネットでレシピを探せば、随分と多いのがヨーグルトを使った品々。あんまり魚料理は出てこないし、正直なところ未だに何故ゆえにトルコなのかが疑問。が、確かにお味はいいかも。

ということで、今回も三品作るぞと意気込みつつ、でもあんまり手間がかかるものばかりは無理だし、予算のことも考えて、ひとつはかみさん所蔵のクチーナ・ベジターレからの野菜料理としました。そして、あとの2品のうちひとつはコストパフォーマンス抜群のじゃがいも料理、それからメインと相成りました。

コスト: E(エコノミー) 野菜も季節や物により高いことがありますが、今回はブロッコリー
             にじゃがいも、そして茄子といった面々に活躍してもらいました。
手間:  N(ノーマル)  野菜をつかった2品はむしろややお手軽かですが、メインは使い
             慣れてきたとはいえ下ごしらえの後にオーブンで焼くということで
             ノーマルとしました。
技術:  R(レギュラー) 今やオーブンはお手のもの。


ブロッコリーロマネスキ

本来の料理名は「ブロッコリーロマネスキのアンチョビオイル」とあって、カリフラワーに近いぎゅっとつまった造りのブロッコリーを丸ごと茹でることになっていますが、そんなブロッコリーは何処でも売ってないよ。ということで、ごく普通のブロッコリーをそれも食べ易い大きさでとしました。
また、ブロッコリーの下にはラディッキオなる紫キャベツのようなものの千切りひくというのも、これまた無視。だって、やっぱり売ってないし、無理に探し出して買ったら高いもんね。
で、アンチョビは長年に渡って冷蔵庫に眠っているのを使いました。おいおい、これいつのだよ?と、かみさんに聞くのも怖くて、だまったまま思い切って使ってみました。まあ、腹を壊すこともありませんでしたし、きつーい塩味からするともはや半永久的に保存可能かという感じでした。
野菜を食べるという点ではいい料理なので、ポイントだけ。それはブロッコリーを茹で過ぎないということです。堅くてもなんですが、あまりぐずぐずに柔らかくなってしまうと、食感としてはこれまたどうもとなります。まあ、この辺は経験で体得するかですが、素直に誰か(って、かみさんか)に聞くのが一番かも.....
        

クンピル

こちらのじゃがいも料理はレシピを取り忘れていて、記憶を頼りに作ろうとしましたが、さすがに無理。もう一度ネット検索をかけました。なんだっけと料理名自体も忘れてて、そうそうクンピルでした。
じゃがいもをくり抜いて、それに色々混ぜていれ戻すわけですが、パブリカを入れるのは実にトルコっぽいけれど、ラッキョウも刻んで入れるんだっけ。いやー、何を入れなきゃいけないなんて決まりではないかもしれませんが、ちゃんとトルコ料理なんですよというにはレシピは欠かせませな。
あとはオーブンでメインを焼き上げる時、一緒に短時間、火を入れて、最後にパセリの微塵切りを上からパラパラで出来上がり。
そんなに手間がかかるわけではないながら、決してじゃがいもは裏切らない。だから私はじゃがいのもが大好きです!

ムサカ


そして、本日のメインはムサカ。
言ってみれば茄子を使ったグラタンかなっというと、似て非なる物と言う方もあるかもしれませんが、少なくともイメージとしては当たりかと。
こちらの料理のポイントは上からかけるソース。バターと薄力粉(要するに小麦粉)とを牛乳に溶かし込んで、それを煮詰めてもったりソースにする。で、私はあんまり牛乳が得意ではないので、あまりミルク味が強いの嫌だなーと牛乳を少なめにすると、後から煮詰めるんだからそれでもいいかっていうとそれは違う。だまになったり、粉っぽくなったりすることが無いように、一定量の牛乳は欠かせません。それに最初からもったり過ぎると、その後にオーブンで焼く上では固いというか、水分が少な過ぎというか。
今回のソースはいささかそのきらいあり。下にひいた茄子とひき肉をしっかりと覆い隠すだけの量というか、流動性を確保しましょう。まあ初めてなのでご容赦をというところでした。お味や良かったのですが、食感としてはもう少しジューシーというか柔らかさというか、ちょっと欠けてしまいましたね。

ということで、トルコ料理のクンピルとムサカは、COOKPADにて、それぞれ、トルコ料理とじゃいも、あるいは茄子の組み合わせで検索して下さい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。