スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャの次はポーランド。新しい味が楽しみ!

2011年03月08日 13:59

第25回 ポーランド料理 その1

ポーランド料理って、食べたこと無いなー。
そう言えば、ギリシャ料理も無かったっけ。
というわけで、色々な国の様々な料理が多ベられるのって、とっても幸せ。聞いたことも無い料理はもとより、食べたことがあったって、使ってる素材や料理法とか解らないことだらけじゃ、そりゃー作れない。食べられない。それがインターネットでレシピを探して.....
うーん、良い時代だ。不況だとか、将来不安とか、そりゃー何かとありますけどね。

ところで、ポーランドと言われて思い浮かべるものは?
前回のギリシャの場合はそれなりにありましたが、ポーランドとなるとほとんどありません。かつては結構ポーランド王国が栄えた時代もあったけれど、長らくドイツやロシアに挟まれて、その支配下に置かれたりついには分割されてしまったり。
ポーランド人には悪いけれど、これといったイメージがありません。ギリシャのように観光地として有名でもないですから。でも、財政問題を起こしたギリシャよりも、最近ではずっと頑張っているかな?
と、余談に流れてしまいましたが、料理としてはスープと前菜、それにメインの肉料理と、オーソドックスな3品を揃えてみました。冬に食べるには森の感じが漂うポーランド料理っていいねとかみさんは言いましたが、確かにギリシャはやっぱりエーゲ海=夏の方がイメージされますから、食べ物は季節感にも大いに繋がって、それがまた選ぶ楽しみにもなりますね。
という3品ですが、

コスト: E(エコノミー) 800円以内に収まって、ほぼドストライクの700円どころ。メイン
             はそれなりの値段ですが、スープはぐっと安い。前菜はマッシュル
             ームで軽く、安いけれどボリューム感はちょっと寂しいかな?
             まあ、トータルでは良しですが。
手間:  N(ノーマル)  メインの肉料理はロールなので、素材を長い形に刻んで巻き込ん
             で。初めてだとちょっと面倒に感じますが、実際にはそれほどのこ
             とでもないわけで。
技術:  R(レギュラー) ロールする時に入れる量に悩んだくらいで、特に大変なことはあり
             ませんでした。あとは肉を焼く時にソースをかけながらなので、フラ
             イパンの前から片時も離れられなかったけれど、それは根気だけの問
             題なので。

野菜のスープ(ポーランド)

「野菜のスープ(Zupa Jarzynowa)」はとっても簡単。
若い頃、しっかりと食べたい一心からすると、スープって水物じゃん、みたいに思いがありました。相当たっぷりと具が入っていればまだしもですが、水物を飲んだったお腹は満たされないよってわけです。
それからすると、今ではそもそもスープだって飲むものではなく食べるものと思ってますし、以前よりも随分と好きになりました。食べる量が減ったのは確かですが、それだけではなくて、素材の味がしっかりととけ込んでいたり、とけ合っていたりと、味わい深さが解るようになりました。パンと一緒に食べたりするのもおつですしね。単にメインの前にいただくというだけでなく、スープ自体に良さってありますよね
野菜をちょっと炒めて、今回は手軽なブイヨンを使って、これまた短い時間の煮込み。実に手軽ですが、結構いい風味です。忙しい時など、何か他にも添えたいなと思ったら、これはいい一品ですね。

マッシュルームのフライ

お手軽という点では、こちらの「マッシュルームのフライ」もまた然り。
マッシュルームは衣を付けて揚げるだけ。全体の量の関係から、レシピでは2種類用意することになっているソースは1種類だけにしたので、それで更にお手軽に。って言ったて、2つともマヨネーズに、片方はピクルスの微塵切り、もう一方はニンニクの摺りおろしを混ぜるだけですが。
でも、マッシュルームをこんな風にして食べたのは始めてなので、新鮮さはありました。

牛肉のロール煮込み

ということで、料理らしい料理といえばこのメインの「牛肉のロール煮込み(Zrazy Wolowe)」だけだったという結果。
牛肉は高いというのもありますが、煮込んでもなかなか柔らかくなってもらえないかなというのもあって、今回は豚肉を使いました。それも安い米国産。でも、ちょっと厚みがあって食べ応えがあってかえって良かったかも。勿論のこと値段ゆえにしっかりとした量がいただけたのもGood!!
最初に肉に巻き込む素材を千切りにしますが、長さを考えつつ、千切りといえる細さにするには、ちょっとですが根気が要りました。つまようじで止めるので崩れることはなくったって、しっかり巻き込まないとはみ出てきそうだし.....
煮込み時間は45分から1時間とレシピにあって、それ自体は長くは無いけれど、フライパンでソースを途中で何度もかけながらですから、これまたいささかの根気が必要。今回のメイン料理は根気というか、食べたい、あるいは誰かに食べさせたいとの思いと、それからして気を抜かないこと、これが大事でしたね。

始めてのポーランド料理は、確かに冬にいただくのにいいものが3品とも揃いました。ほっこり系とでもいいますか。そんな、3品のレシピは、いずれもポーランド料理からです。
日ポ協会関西センターのポーランド料理講習会レシピより、という副題が付いていますが、前菜から始まって魚・肉料理からデザートまで一式ある中で、キノコ料理やじゃがいも料理という分類もあります。森の国、大地に根ざした土地柄なのだなーと、感じさせられるものがあります。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。