スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルも交えて、インド料理

2011年02月13日 14:41

第18回 インド料理 その2

今回はインド料理ですが、レシピとして正式にインド料理なのはメインのチキンティッカのみ。他の2品はオリジナルレシピというか、適当に作ってみました。
というのも、自分が食べたいと思って作るのはいいけれど、食材が余る。余ってもかみさんが考えている料理には合わないとそのままとなる。冷蔵庫の中で眠らせていたのでは鮮度は落ちるばかりである。それじゃー、何とかしなければとなる。
ということで、言ってみれば余り物、あるいは使い残しを無駄にしないように考えました。って言っても、考えたという言葉はあまり正確ではないかも。だって、作りながらこんなものかなと味付けしてますからね。余った素材をということでは考えているようでいて、仕上げに向けての味の点では無計画ですね、正直なところ。
そんな2品ですが、一品は以前に作った「なすとじゃがいものサブジ」を思い出しつつ、残っていた茄子を主役にタマネギなんぞを加えて汁無しカレーたるサブジ風にしてみました。
もう一品は、これまた余り物ですが、フリカッセを作る際に使ったキノコ類の残りをということで、キノコの炒めもの。味はまあー、食べてみてのお楽しみ。

コスト: E(エコノミー) 鶏肉を使うチキンティッカ以外は野菜だけの料理なので、同じエコノミーでも限り
             なく下限の700円に近いです。
手間:  N(ノーマル)  事前に漬け込む手間はあるチキンティッカですが、オーブンで焼くだけですから
             総合的な手間は大した事はありません。後の2品は炒めるだけですから。
技術:  R(レギュラー) ということで、手間と同様、まあ普通です。とくに炒めるだけの2品はオリジナルと
             言えば聞こえはいいですが、言ってしまえばいい加減ですから。

茄子のサブジ風

まず一品目は「茄子のサブジ風炒め」とでもしておきましょうか。
具材としては、茄子以外にタマネギとトマトを入れました。
インド料理を意識して、カレー風味にとターメリック、それ以外にはナツメグ、ガラムマサラ、グローブに、胡椒は白・黒そして赤とオンパレード。勿論、塩なんぞも使っていますが。
ただ、味が薄めに感じられたのは、思った以上に野菜から水気が出たことによります。あんまり炒め過ぎても野菜がくたっとなり過ぎますから、そのうち野菜を天火で干してやってみようかなと思うのでありました。
まあ、レシピというほどものはありません。余った野菜を数種類、お好みのスパイスで味付けしましょうといった程度です。 

キノコ類のマリネ風炒め

さて、オリジナル料理の2品目は、「きのこ類のマリネ感覚炒め」。
何がマリネ感覚なのかといいますと、炒めるのに際して、ワインビネガーを使うところ。マリネは具材を何かに漬け込むことであり、何にという材料には多種多様なものがありますが、私個人としてはお酢系のものに漬けるのがマリネという子供の頃からの感覚があります。
例えば小魚の南蛮付けとか、野菜の酢漬けとか、何だか子供の頃に目にし食したもので、漬けるといったらそれはお酢あるいはお酢系の何か。で、今でもマリネと言われると真っ先に頭に浮かぶのが酢。
フリカッセを作る際に余った、エリンギ、ぶなじめじ、しいたけを、適当に食べ易いように切る。そして炒める。
1)まず香り付けにブランデーを少々
2)それから白ワインとラズベリー果汁入りワインビネガーで炒め
3)塩・胡椒で味を整える
4)火を止めて、仕上げにバルサミコ酢をまぶし、イタリアンパセリの刻みをふりかけます
出来上がりーーーーー。
別段、事前にどのような味がいいかと考えていませんでしたが、軽い味付けでいてそれなりの味わいをと思い、軽くという部分では白ワインやワインビネガー、最後に味わいを求めてバルサミコ酢を使いました。さっぱりでいて、いささかのこくもと、狙い通りにいきました

チキンティッカ

メインのチキンティッカは、同じインド料理で似た感じでより知られたタンドリーチキンよりも柔らかということで、これまた自分が食べてみたかった。
実にインドらしく、またもや登場する様々なスパイス。カルダモン、クミン、グローブ、胡椒、シナモン、レッドペッパー、しょうが、にんにく、ナツメグと、まあレシピでの登場順で9種類。これら以外にも塩、バター、酢、生クリームそしてヨーグルトも。
レシピでの指定は2時間以上ですが、しっかりと時間をかけて漬け込むことが大事。それだけ味が染みたいい仕上がりになりますよ。
そしてチャットマサラを付けて食べるとありますが、チャットマサラって何?これまた各種スパイスを混ぜあせたソースですが、そんなに全部揃うかな?で、今回は出来合いのサルサソースで済ませてしまいました。ということで、今回は省略しますが、このチャッオマサラのレシピもネットで探せばありますので、ご興味のある方はどうぞ。


オリジナル2品ということで、今回はレシピを拝見したのが、「チキンティッカ」でエスニック料理 フォト・レシピ集となっております。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。