スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインNo.1のピンチョスに舌鼓 ーサンティリャーナ・デル・マールからバヤドリッド その2ー

2010年11月21日 12:44

昼食を摂り、この日の後半=午後は一路、バヤドリッドへ。
途中、寄ればプラセンシアという都会もありますが、疲れてる、そして田舎好きの我々3匹は揃って『パス』。特に旅も終わりが近づいてくると、まっいいか病が蔓延し、結構すっ飛ばしてしまいます。
ちなみにプラセンシアはフロミスタからジャスト30kmと近く、高速は整備中で国道N-611号線を行きますが、スイスイと流れますのですぐに着きます。我々は郊外をバイパス状に走る国道で街の東側を抜け、市の南側で高速A-62号線にのりました。プラセンシアからその日の宿泊地であるバヤドリッド迄は約45km、これまた高速だと30分ほどで行けます。
が、高速の出口で珍しいことですが渋滞が。
スペインではなかなかの大都会ということもありますが、北側からだと市に繋がる道路が限られているので、そこに車が集中するのが原因のようです。それとても、下の一般道に降りてしまえば、その先は普通に流れてはいます。ここまでずっと無かった渋滞にちょっと苛ついてしまいましたが、まあ可愛いものではありました。

バヤドリッドで渋滞

↑この旅行では2回目の渋滞。前回はサンティアゴ・デ・コンポステーラでしたから、本当に稀なことなのです。

バヤドリッドで私達が予約したホテルは、市の中心部の西側を流れる川の更に西側。ということで、街中=チェントロまでは10分ちょっと歩きます。バヤドリッドも歴史のある街でありますが、いわゆる旧市街という言葉を使うほどには市の中心部も古めかしくはありません。しかし、広場を中心に教会や市庁舎などが連なる造りは同じであり、道が細かったり入り組んでいたりするのも他の昔からの街と変わりません。
それだけに、車では行き辛いので、私達としては出来れば避けたい。そして、建物の古さもあって安ホテルの方が目立ち、内部を改装してといのもありはしますが、それなりの設備のホテルで手頃な値段となるとむしろ中心部からは少し離れがち。あくまでも中心部でのホテルを、それもそれ相当の内容でと思うと、結構値段がはることになります。

バヤドリッドの中央広場

↑ヨーロッパの街ではどこでも見掛ける風景ではあります。それでもいいなーと思う理由は、寛ぐ人々、そして旅行者ものんびり出来る外カフェ、そして中央広場に立てばそこが街の臍ですから何処へ行くにも解り易いなど。で、必ず立ち寄ります。見所の教会は大抵がそこに面しているか、そうでなくともすぐ傍ですし。


さて、プラセンシアはパスしたのと同じ具合で、バヤドリッドでは観光もそこそこ。
そもそも、ホテルに着いてほっと一息で休んだのが、ちょっと遅いシエスタとなりまして.....とことこ歩いて、川を越えて、中心部に着いたのはもう夕暮れ時。それに、現地ブランド(といっても高い物ではありませんが)のお店を見掛けたかみさんと義理の母がショッピングを始め、手持ち無沙汰に待つ私。
観光というか、街の雰囲気を味わったら、さあ晩飯だ!
が、ここでいささか参ったのが、いいお店が見つからないとうか、この街の飲食街が解らない。あちこち歩いては見たのですが、多くの街で見掛ける、レストランが道の両側に並ぶ食べ物屋通りが無い?そのうえ、なんともピンとくるレストランが見当たらない。
と、その時、かみさんが
「ここはどーお? ほら。」
と見付けたのが、なんとピンチョスで連続金賞を受賞というバール。お腹がペコペコでしっかり喰うぞ、という程でもなかったこともあり、バールで軽くはいいねーとなりました。それに、ショーケースに並んだ品々は金賞受賞に違わぬものばかり。
バールで軽くつまむ、それをお酒を結びつけ、あるいは食事とすると、甘いものやフルーツなどはあまり思い浮かべないことでしょう。が、生クリームや様々な種類の果物等も使うというか、そういった類いこそがこのバールの売り物のようでした。
この旅行で最初にバールに入るの躊躇したのは今や昔。店の外まで溢れる人を掻き分けて、しっかりカウンターに陣取って、本当は注文の度にするお勘定も纏めて最後でいいですねと、すっかり慣れた私達でした。
一品ずつが少量で低額だから、色んな種類が楽しめます。パンに具を載せたピンチョスは、お酒につまみになりつつ、程よくお腹にもたまります。なので、特に胃腸がそこまで大きく無い日本人というか、若いとき程には食べられなくなった私達のような存在には丁度良い。
だから、 バールはハシゴも出来ます。少し食べたら、また別の店で違ったものを。
その土地の食材が使われている物、あるいは好みの食材を使った一品や他のお店とは一風変わった物等、色々と楽しめます。スペインに行かれる事があれば、バールは是非ともその旅の楽しい一部として下さい。

金賞バール

↑さすがに大盛況の金賞受賞のバール、それも2年連続。ピンチョスあるいは小皿料理のタパスの種類も豊富。

金賞バールで甘いもの

↑一般的な酒のおつまみ、あるいは食事とったイメージとは異なるかもしれませんが、菓子パンで甘いものもあったりしますから、それを思えばでしょうか。また、デザートワインなどもあるわけで、甘いものも悪く無い。それも含めて色々と食べました。

バールのはしご

↑そして、バールのはしご。スペインの夜は長い、そして皆、元気だ!
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。