スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーブンを使いこなせ 

2010年10月03日 12:21

第二回  ドイツ料理 その1の2
シリーズ第二弾ですが、最初がスペイン料理だったのに、ドイツ料理でその1の2って、なんで?

ということで、早くもリベンジ。
実はドイツ料理を作ったのですが、オーブンの使い方で重大な間違いを犯し、見事に失敗していしまいました。何がって、とても単純なことなのですが、調理時間です。
私はこれまでオーブンなぞ使ったことがなく、我が家のオーブン&レンジではレンジ弱の機能による解凍しかやったことがなかったのです。今回、初めてオーブン料理に挑戦しましたが、レシピで指定された焼き時間で完全に焼き過ぎとなってしまいました。
オーブンで焼いている途中でその焼き加減に疑問を感じたのですが、何せ初めてなのでひたすらレシピに従いました。が、結果は.....
答えは単純、だって我が家のはコンベックなのですが、その説明書にははっきりと書いてあったのです。
「一般のオーブンの半分から三分の二の調理時間でOKです」
何しろ、それがコンベックの売りなのですから。

ということで、早々のリベンジとなりましたが、拘ったのはオーブンを使うこと、そしてドイツ料理。
失敗は、それに正面から取り組むことで取り返さなければ!
ということで、以下の3品を作りました。

1.鶏のオレンジ風味
2.ジャガイモのパンケーキ
3.エルプセンズーペ(田舎風スープ)

基本は3品。2品だとちょっと寂しいので、ジャガイモのパンケーキは付け合わせですが、そのような物も入れて3品で今後も頑張っていこうかと思います。では、今回の料理のレベルはといえば:
コスト: E  ぎりぎりエコノミーの上限である800円におさまったかと。
手間 : N  野菜をみじん切りにするうえで、特にタマネギは涙も出てちょっといらつきますが、まあ普通。
技術 : R  オーブンの使い方さえマスターすれば(といっても調理時間を考えるだけですが)問題なし。

但し、今回は食材として1回では使い切れないものを買いました。それはマーマレードとコンソメです。マーマレードは単にパンに付けて食べれますし、コンソメはこれからも度々使うでしょうからいいのですが、金に糸目を付けない男の料理ではいけない。だからこそコストという項目もあるので、そこはきちんと考えていきたいと思っています。


出来上がりの料理はといえば、

田舎風スープ

具沢山の正に田舎風。
レシピでは、ハンドミキサーで撹拌してとろとろにとなっていましたが、豆を砕きたくなくてじっくり煮込む方法を採りました。ジャガイモと人参は別に煮て、あとから鍋に入れるのですが、こちらもゆっくりと煮るとトロミが出るので、煮汁ともどもいれるのも手かも。
また、ソーセージは今後の料理企画を考えて買ってあったチョリソを入れました。普通のソーセージを使うレシピですが、チョリソでもばっちり合いました。あるものを有効に使う。そうでないと、かみさんが.....
あとは盛りつけですが、煮詰めるとそれだけ量は減りますので、もっと小さなお皿でも良かったなと思われます。なんだか、まだ分量も目で見ただけではという、そんな段階の私でした。


鶏のオレンジ風味

皿の上、手前が鶏のオレンジ風味と、奥が付け合わせにはジャガイモのパンケーキ。
オレンジ風味の元となるマーマーレードですが、当初はオレンジと砂糖とかで自作を試みるかと、実に無謀なことも考えましたが、やっぱりそれは止めにしてスーパーで買いました。ちょうど安売りの手頃なサイズがあってラッキー
また、鶏の付け合わせとする野菜のひとつにインゲンがありましたが、料理のコストを考えてパス。彩りとして緑をということで、スープにいれたセロリの残りとなるその葉っぱを使いました。
コストということでは、そもそも骨付き鶏肉という指定であるところ、値段を考えて鶏のもも肉を使っています。あくまでもエコノミーの800円以内に収めるぞ!との決意を守ったのでした。
ジャガイモのパンケーキは、ジャガイモの千切りがちょっと太いかな?と思いましたが、実際には丁度良かったです。ただ焼くだけでは火が通るかなと疑問だったのですが、食感を考えるとあまり細くし過ぎない方がGood!焦げ色が付いて中まで火が通るのに、片面5分くらいじっくりと焼きました。


私こと、シェフ牛の最大の難点は、かみさんに言われるまでもなく後片付けが出来ん!
が、今回はオレンジ風味のソースを作るのに使った鍋はちゃんときれいにしました。かなり煮詰めるのですが、何せ主成分がマーマレードなので冷めると鍋にこびり付きます。すくいきれずに鍋に残ったソースが固まるとちょっと悲惨。そこで鍋に水を張り、火にかけてお湯にしつつ、木べらでこそげて奇麗にしました。
そういえば、肉等を焼いた後に残ったのを、ワインや何やらでこそげ落としてソースにしましょうといった料理も結構あります。そんなに奇麗に取れるのかな?と疑問でしたが、これならいけるね。ということで、そんな料理、ソース作りもそのうちいいなと思いました。

尚、今回のレシピですが、
  エルプセンズーペはCOOKPAD
  鶏のオレンジ風味は、正確には「骨付き鶏肉のロースト オレンジ風味」で、みんなのきょうの料理
  じゃがいものパンケーキはドイツ*じゃがいも料理
からとなっています。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。