スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきました、ビール王国

2009年08月11日 14:08

唐突に、ベルギー旅行の報告です。

行きました。行く事が出来ました。

小さいゾウ~

ブリュッセル名物の小便小僧、いやー本当に小さい小僧 でした


あれこれあって、こうしてブログに書くのが随分と遅くなりましたが、5月から6月にかけて2週間の日程でした。6月のベルギーは1年でも最も雨が少ないというのと、5月の連休後で比較的、空いて安い時期ということから、この時期を選びました。

旅行の予定についての回で書いたように、田舎=ワロン地方(特にアルデンヌ方面)を中心とし、首都のブリュッセル、主要都市のアントワープ、観光都市のブルージュそして海沿いと一通りを組み合わせました。

実際の行程を簡単に纏めますと:
  成田からエール・フランスの夜行便でパリへ
  パリからはTGVでブリュッセルに朝一で移動
  ブリュッセルに2泊し、その間に電車で往復してアントワープも
  その後、電車でナミュールへ
  ナミュールからは車で約1週間、ワロンの街々を巡り、最後はリエージュへ
  リエージュからは再び電車でブルージュへ
  ブルージュには3泊し、その間にゲントや海沿いの街も訪れ
といったところです。

で、何が一番、楽しかった?
と質問されたら、その答えはビールです。何しろベルギーには800種類の銘柄があると言われるわけで、訪れる街ごとにその街あるいは地方のビールがあります。それも、独特の製法故の独特の味もあれば、フルーツ味や蜂蜜入りなど、それはもう多彩でした。
旅行前のベルギービール専門の飲み屋との出会い、そして本を読んでの知識などで、ある程度は分かっていたつもりでしたが、やはり百聞は一見にしかず。
それと、料理の場合にも感じることですが、気候や風土に合ったものは、その現地で味わってこそでした。

そのような個々のビールのこと、訪れた先のことなど、これからは暫くその報告を続けていきます。
ちなみに、ビールを飲む度にその写真を撮りました。ええ、1本も欠かさず
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。