スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車の返却

2007年08月18日 12:52

借りたものは返す。これは世の中の常識で、車もまた然り。
借りた営業所と別の場所で返すことは一般的に問題ありませんが、何処で返すかが...
ブログの案内係:  牛=当ブログの著者でナビゲーター
          犬=そのかみさんで車の運転手
         
 車を返すのに営業所を見付けるのって、大変な時があるよね
 最初に車を借りる時に、いつも返す予定の営業所の地図はって尋ねるんだけど、もら
  えた試しが無い
 というか、そんなもの無いんだよね。営業所のリストだけ渡されて、住所から探し当
  てろってことなのでしょう
 予約の時から住所を見てインターネットの地図で当たりは付けるんだけど、
  ナビゲーター役としては思わぬ難題となったりして
 予約の時って言えば、営業日や営業時間は返す営業所についても要確認
 なんだか不親切というか、そんなもんていうか
 大変だったのはスペインのグラナダ、イタリアではルッカで返却した時だったね
 小さい営業所は本当に解り難い ルッカなんて半地下みたいな場所でさ
 牛さん、しまいには車から降りて探したっけ
 通りの名前と、あとは番地が続きだから近くまでは行けたけど
 空港返しの場合だと、大事なのは最後の詰めだね
 そうそう 大きい空港だとレンタカー会社の表示を見付けないと
 駐車場に入ればあるだろうというのは間違いで...
 レンタカー会社の駐車場はその入り口にレンタカー会社の表示がある けどこれが 
  ちっこいんだわ

営業所を探せ!

  レンタカー会社のホームページ(写真の左上)に地図はなし。
  住所からインターネットの地図で当たりを付ける。左下の詳細な地図上の青いのは矢印
  で一通の表示。通り過ぎてしまったら一からやり直し。

 街中の営業所を地図から探すのは難しい
 あるいは大きな空港でレンタカー会社の車置場へ辿り着くのは大変かも?
 不安なら、借りたのと同じ営業所で返すか、出来るだけ小さな空港で返すのが良いで
 しょう。イタリアのパレルモの空港の時は、レンタカー会社の車がズラーっと停まっ
 てて、一目瞭然で解りました。
 反対にスペインのマドリットの空港では、駐車場は広いは、二階建てで停まってる車や
 レンタカー会社の表示は見えないわで、最初は解りませんでした。どうせ中に入ればレ
 ンタカー会社の場所があるんだろうと、勝手な解釈で駐車場に入ったものの見付かりま
 せん。僅かな金額とはいえ駐車料金を払って一旦は駐車場から出なければなりませんで
 した。広大な駐車場をぐるっと一回りしたら.... ありました。とっても小さな看板が。
 ここから入れと、矢印とレンタカー会社の名前が。いささか怒りを覚えたものの、まあ
 仕方ないかと、疲れと旅の終わりの脱力感が諦めムードを高めたのでした...
 小さな空港だと解り易いということでは、私達はそこで車を返したわけではありません 
 が、イタリアのベネツィアやバーリなんかはいいですよ  要するに地方空港なわけ
 で、やっぱり車の利点が生かされる田舎周りが一番ってことでしょう。

スペインのポイ谷

  スペインのポイ谷。車ならではの正に田舎、山の中。
  いやーのびのびとした気持ちになれますね。 
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。