スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエルタ・ア・エスパーニャで巡るスペインの旅(フィナーレ)

2007年09月23日 20:38

スペイン帝国、その短かった栄華

stage 21
拡大 ポルファボール!

さすがにマドリッド近郊の、それも幹線道路を塞ぐことはありませんでした。昨日のコースでは高速道路6号線自体ではなく、その測道が使われました。それにしてもメンショフは頑張りました。タイムトライアルは得意なわけではないようですが、首位を堅持して、もうこの最終日に不安はないことでしょう。

いよいよ最終日ですが、首都マドリッドの南西郊外、その住宅地を人々に晴れ姿をお披露目すべく
ぐるぐると回ってから中心部へと向かいます。そして、中心部でも目抜き通りを何週もします。今回の凱旋将軍はメンショフですが、かつてスペインが世界に覇を唱えた日の沈まぬ帝国であった時代には、正しく本物の凱旋の行列が見られたことと思います。
1469年のカトリック両王の結婚、それによるカスティリアとレオンの合同で産まれたスペイン王国ですが、グラナダ陥落でレコンキスタが完結したのは1492年でした。正にこの年がコロンブスによる新大陸発見の年であり、中南米に広大な領地を有することとなったわけですが、その後はフィリピンなどもその支配地に加えて行きました。その絶頂は1571年のレパントの海戦でのオスマン・トルコ艦隊に対する勝利であり、1581年のポルトガル王位継承ですが、それは先に述べたエル・エス・コリアルの建設者であるフェリペ2世の治世の下ででした。
しかし、その同じフェリペ2世の時、1588年に無敵艦隊と称されたスペイン艦隊が現フランス領であるカレー沖にてドレイク提督率いるイギリス艦隊に破れ、スペイン王国には早くも翳りが訪れます。まあ、それでも広大な領地を奪われたわけではなく、ハプスブルク家というヨーロッパの一大勢力ではあったわけで、そう簡単に没落とまではならなかったものの、歴史の表舞台には英仏といった国が立つようになっていきました。しかし、得てしてそんな時にこそ、王様達は趣味趣向へと走るわけで、くだんのエル・エス・コリアルに限らず、多くの絵画やアランフェスの宮殿など、後世の我々のような旅行者を惹き付けるものをそれはもう沢山、残してくれています。
私達もそれら素晴らしい芸術品を観賞させていただくべく、プラド美術館へと足を運びました。ツアーと違って自分達の気の向くままに見て回れるのは良いのですが、何しろ広くて素晴らしい絵画が沢山あります。さすがに疲れました。救いは、人波に揉まれるようなことはなく、気に入った絵はゆっくりと観賞出来、時にはソファーに腰を下ろして休みながらと、全くのマイペースでいられたことでした。なんと言っても入場料は当時で400ペセタ(約350円)と安いものでした。画家を目指す若い人達が模写に励んでいたりしましたが、画学生などには1年間いつでも入れる格安のパスなどがあったりするらしい。それもまた帝国の遺産ということなのだなと納得しました。
スペインが世界において支配的な地位にあった期間は決して長くないわけですが、その後の覇権国あるいはその地位を争った国々は厳格なカトリックの国であったスペインとは異なりました。王様の都合でカトリックから分離して英国国教会となったイギリス、あるいは新教徒と旧教徒の争いが激しかったフランス、そして新教徒の勢力が支配的となったドイツ。それらとの違いは教会建築に、その内装に、そして絵画にと、様々な分野で見られます。キリスト教という同じバックボーンを有しながらも多彩なヨーロッパ。私達?はこれからも機会があれば訪れたいと思います。皆様もどうぞスペインを、そしてヨーロッパの国々を旅して楽しんで下さい。

このシリーズはブエルタ最終日ということで本日で終了です。しかし、違うシリーズをこれよりはかなりゆっくりとしたペースとなるでしょうが(正直、レースを追っての毎日のブログ更新は大変でした)、これからもお送りしたいと思っていますので、今後とも宜しくお願いします。
アディオーーース  アミーゴス、 アスタラ ビスタ!
スポンサーサイト

ブエルタ・ア・エスパーニャで巡るスペインの旅(マドリッドの入り口にて)

2007年09月22日 10:39

スペインの高速道路

stage 19&20
拡大じゃ!そして右側を見るべし!

今日は個人タイムトライアル。距離が25kmと短いので、それ程のタイム差はつかないかと思われます。やはり昨日が山場で、それを越えて総合争いはもう決着が着いた恰好です。
で、本日のコースですが、高速道路のサービス・エリアが折り返し地点に使われるようなので、どうやら高速道路を走るのでしょう。このブエルタを見てきた中で、高速道路を走ることは何度かありましたが、地方だとそれ程の交通量ではないから別に問題ないようでした。個人タイムトライアルということでは、既にサラゴサで一度あり、その時も高速道路を走っていました。サラゴサはかなりの大都市ですから、その市街地へと繋がっていく高速道路などレースに使って支障はないのかと思っていたら、反対車線を走る車は全くまばらでした。荒野の中の道ということもあり、大都市近郊という感じは全くしませんでした。

スペインの高速道路ですが、一部には有料区間もあるもののその多くはフリー(無料)で、『それだからフリーウェイと言うのだよ、日本にはフリーウェイには無いのさ』と思わず呟きたくなります。さて、そんな無料の高速ですと、サービス・エリアといっても日本とは随分と異なります。高速の本道から離れるわけですが、かなり大きく外れて一旦は完全に下を走る国道へ入ったりもしますので、どうやって高速に戻るのかな?と不安とまでは言わないものの、いささか戸惑うこともあります。
大概は1-2車線のいたって簡素な作りで、他のヨーロッパの国でもそうですが、日本のように煌々と路面を照らす過剰な程の灯りなどありません。でも、山間部であってもそれほどきついカーブはありませんし、何しろ車にはヘッドライトが着いているのですから、問題はないでしょう。

料金所


    高速道路6号線を一路、マドリッドへ
    料金所では係員の居るブースが安心ですね、クレジッド・カードも使えるけれど...

そんな中で、さすがにマドリッド近郊ともなると高速道路も随分と違ってきます。マドリッドから西北西へ、カスティリア・イ・ラマンチャへと向かう高速6号線は有料ですが、アバントスの峠もある山地を抜けたマドリッド側となると、車線が増えてやがて5車線とかになります。有料区間なので、サービス・エリアも日本的な作りのものとなります。そして、電光掲示でこの先は渋滞なぞというのも出始めて、いよいよ大都会だなと運転手もナビゲーターも緊張します。なにしろ、マドリッドともなると、高速道路網もかなりのもで、外環状線と内環状線があり、放射状に各方面へと向かう高速がありで、これらをジャンクションで適宜に乗り換えて行かなければなりません。田舎回りは楽しいねというメンバーにとっては、都会の道は怖いっすよ。そうなると、さすがに役割不明の兎(かみさんの母親)も懸命に表示を見て適切な進路が採れるようにと働きます。

しかし、それだけの主要幹線道路を本当に使うのでしょうか?ブエルタというか、サイクル・ロード・レースのヨーロッパでの位置づけはそれ程に高いということなのでしょう。

ブエルタ・ア・エスパーニャで巡るスペインの旅(スペインの栄華の名残り)

2007年09月21日 22:10

エルエスコリアル  霊廟or宮殿?

stage 19&20
それゆけ拡大!

昨日は最後にアビラの街、その城壁の外をぐるりと回るところで周回遅れが出ました。解説者の人が珍しいと言っていましたが、ジロ・デ・イタリアの再放送で最終日のミラノは見ましたが、最後に市内で同じ所を何週もしたものの、周回遅れは一人もいませんでした。でも、ブエルタは何かと違うのか? となりますと、最後のマドリッドでは確か市内の目抜き通りで6周くらいする筈で、どうなるものやらです。
さて、本日はまずアビラからマドリッド方向へ地方道のCL-505号線を辿ります。マドリッドは内陸の盆地ですが、その西側の山地へと入り、そこを巡る山岳ステージとなります。これがまた同じ所をぐるりと回るわけで、それも1級山岳のアバントス峠を2度も登ることになりますから、ここは選手達には辛いところでしょうが、見る方は楽しみです。現在、首位のマイヨオロとなるメンショフが最後の山場だと言っているようですが、昨日は地元で勝負に出ながら不発に終わったサストレなどが諦めずに仕掛けてくれれば、それこそ面白い展開になることでしょう。
このマドリッドの西の守りともなる山地ですが、その山麓にあるのがサン・ロレンツォ・デ・エル・エスコリアル(San Lorenzo de El Wscorial)です。ハプスブルク家の王朝として欧州に覇を唱え、新大陸の広大な領地を有するうえに、1581年にポルトガル王位を継承したフェリペ2世。彼は父カルロス1世(オーストリア帝国においてはカール5世)から、エル・エスコリアルの地に自らの為の霊廟を建設するようにと託されました。
本来は霊廟ですが、それと同時に偉大なるスペイン帝国の威光を示すものとすべく、フェリペ2世は修道院であり宮殿でもある壮大な複合建築に挑みました。もっとも、厳格なカソリックの親子ゆえに、簡素というか質実剛健と言うべきか、少なくとも外観はやや単調とも思える作りです。とはいえ相当な規模ですから建設には21年間を要し、それでなくとも最悪の財政はもはやいかんともし難く、なんとこの王様は3度も国の破産宣告をしたそうな。(日本の財政も酷いけれど、上には上がいますね。いや下には下かな?)
まあ、当時のスペイン国民はたまったものではなかったでしょうが、後世のそれも外国人の旅行者にしてみればこれは一見の価値ありの見事な観光地。それも、内装は外観とは異なり豪華絢爛。そうなれば地元にはそれなりの観光収入もあるわけで、結果オーライでしょうか...?

エル・エスコリアル

       なにかと作りがでかい。やや間延びの感は否めないが、延々と続く様は壮観。
       それに、収蔵品には高名な画家達の作品が。

そんな観光地を尻目に、今日は最後の汗のかきどころかという選手達には、是非とも激しいデットヒートを期待します。世界選手権を前にかなりの選手が戦線離脱をしてしまいましたが、最後まで盛り上げて欲しいものです。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。