スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエルタ・ア・エスパーニャで巡るスペインの旅(アラゴン王国の古都へ)

2007年09月07日 23:38

スペイン王国の礎
stage 7
また拡大してねー。

カトリック両王という言葉に聞き覚えがありますか?
イスラムにより長らく支配されたイベリア半島において、キリスト教徒によるレコンキスタ=国土回復運動は、幾つかのキリスト教国を誕生させました。そのひとつがアラゴン王国であり、サラゴサはその都となりました。ピレネー山脈から勢力圏を南へ拡大したアラゴン王国は、やがてカタルーニャと合体しつつ地中海沿岸を更に南へと進みました。
そして、1469年に時のアラゴン王フェルナンド5世は、カスティリア女王イサベルと結婚し、その後も紆余曲折はあったものの、ここにスペインの基盤は固まったのでした。この2人は共同統治の体制を敷いたので、カトリック両王と称されます。
サラゴサはアラゴン自治州の州都ですが、自治州という言葉にこのような過去の歴史的は経緯を感じさせられます。また、一般にスペイン語といわるのはカスティリア語のことであるといいます。独自の言語体系を持つバスク語や、未だに独立論争が残るカタルーニャ地方の言葉と比べれば、アラゴンの古語はカスティリア語とそれほど大きくは違わなかったかと思いますが、そのような異なる言語に象徴される多様性がスペインの魅力を高めていると私は考えます。

さて、リオハ州の南の山沿いからアラゴンの地へと入って行きますが、コースはやがてエブロ河沿いの国道232号線となります。昨日のコースでも長らく辿ってお馴染みの河、そして道です。現代のように交通手段が発達していなかった時代にあって、河川の持つ意味は遥かに大きなものがあったことでしょう。古代ローマの都市が温泉の存在にも誘われつつ、主な河川の重要な渡河点に築かれたのも、もっともな話です。
本日のゴール、サラゴサもそのような街のひとつです。スペイン内陸高地の大地、その北部を東西に流れるエブロ河とともに、これに沿って走る国道232号線(そして高速A-68号線)は交通の大動脈と言えましょう。今回のコースからははずれてはいるものの、その国道が通る、ナバラ州の街であるテュエダ(Tueda)もまた古くから栄えました。イスラムの支配に服する以前から、またユダヤ人は交易の地として重要視したといった歴史により、城そして様々な時代の宮殿や貴族の館が建ち並んでいます。昨年の旅で一時は訪れる街のリストに挙げたのですが、残念ながら具体的な日程を組むうちに断念せざるを得なくなりました。田舎町というにはいささか大きすぎるものの、大都会とまでの大きさではありませんので、車ですと大きな街はどうもという私達にも比較的、訪れ易そうでいつかはとの思いも持ちます。

大きな河のある所では多くの物産が取引されます。そして、河は周辺の土地に洪水という厄災の代わりに、豊かな実りの素となる養分をもたらします。今朝、台風による大雨で多摩川の河川敷は水に覆われていました。現代のような堤防が築かれていなかった時代ならば、周辺は水浸しとなったことでしょう。その点、蛇行するエブロ河は遥かに自然のままです。それは今でも厄災と実りの素をもたらす存在を意味するのでしょうか?厄災は困りますが、実りは即ち美味しい物を意味するわけで、昨年は食べそびれてしまったチリンドロン・ソース(アラゴンからリオハにかけての有名なソースで赤ピーマン・トマト・タマネギ・ニンニクなどよりなり、羊や鶏肉にかける)の料理をいずれは味わいたいものです。
アスパラガス


コシード

   肉料理は大好きですが、野菜も美味しい
   最初にそう思ったのは2005年のイタリア南部の旅ででした
   そしてスペインでも 大地の恵みをしっかりと受け取った実りは素晴らしい
スポンサーサイト

地図は命  PART 1

2007年08月25日 15:42

日本ではすぐれものの海外の地図が手に入り難い。現地で実際に車を走らせる時には良い地図が欠かせませんが、計画段階でもあると助かります。でも、最初はない!ではどうするかといえば...
 (当ブログの案内役:  牛=当ブログの作者 役割=ナビゲーター
             犬=作者のかみさん 役割=運転手
             兎=かみさんの母親 役割=いまだ不明)

前回、観光局のことを書きましたが、そこでもらえる地図はその国の全国図、あるいは主要都市のものです。スペイン観光局の場合は150万分の一の地図で、カラフルな色分けが、高速道路は黄色(一部有料区間は青)、国道は赤で主要地方道はオレンジ、と道についてもされていて、美しくも見易くて良いものです。しかし、距離表示は国道までで、それも大まか。その表示区間の途中で別の道へとなると正確な距離は解らなくなります。田舎周りだと地方道もかなり使いますから、これはもう全く距離が掴めません。
昨年、現地調達したロード・マップの縮尺は30万分の一です。
 
 計画は一緒に組むけど、距離や移動時間は牛さんまかせ。どうやってるの?
 距離が解らない地方道だと定規で測ったりして
 でも、道って真っすぐじゃないよね
 定規で測ったのを少し割り増したりするよ 
  それと、ガイドブックにバスの所要時間があれば参考にしたりして 
 大きな街の周辺の見所なんかを紹介してるやつとかだね 距離を考えるまでもなく所
  要時間を推定するわけだ
 今度は逆に割り引いて まあバスのように途中で停まったりしないしね 
 推定距離を出した場合、所要時間はどう考えるの?
 目安は高速なら一時間で100km、国道で80kmそして地方道の場合だと60kmといっ
  たところかな
 高速なんてもっとばんばん行けますぜ~ダンナ
 確かにね でも、駐車場を探す時間とか考えると多めに見積もっておいた方がいいよ
 その他にも何かある?
 山間部だとスピートは上がらないね ここは所要時間を割り増ししないと 

セブレイロ峠越え

 2006年秋、スペイン北部の旅にて
 巡礼路上でも最大の難関とされるセブレイロ峠を越えて

   地形は全国地図でもある程度はわかるけれど、実際には思った以上に狭い道での峠
   越えだったりすることも。そんな経験から山間部については場合によってかなり割
   り増して考えます。高速ならトンネルでくぐり抜けて行くことが多いわけで、多少
   は曲がりくねっているといっても元々が時速100kmの計算なら割り増しも不要で
   しょう。でも、国道なら2-3割、地方道だと1.5倍くらいみておくのが無難かと。

 いやー それにしてもこの間(2006年秋)のスペイン北部の旅行は疲れたね
 最後の方は三匹ともへろへろで 交代で風邪ひいて
 兎が悪いんだーーー 雨のゴゾの丘に無理矢理登らせるから
 まあまあ それはまたの話として 結局、総走行距離は2,990km
 あと10kmで3,000kmの大台だったね
 それがさ、9月のブエルタ・ア・エスパーニャだけど、なんと3,241kmも走るんだよ
 あの自転車ロード・レースね
   (   何だよーーーー 出番なしかーーー )

   牛と犬は、今、自転車ロード・レースのにわかファンとなっています。
   9月1日にはスペイン各地を回るブエルタ・ア・エスパーニャがスタートします。
   そこで、9月の当ブログはそのレースを旅行者の目線から日々追っていきたいと思
   います。     (これが噂のミルラム・トレイン)

まずは観光局へ

2007年08月19日 10:10

旅の計画を練るのは情報集めから。ガイドブックや旅行誌などで行きたい国や街を絞ったら、まずはその国の観光局へ行きましょう。何よりも大切な地図や各地方そして主要都市のパンフレットなどが手に入ります。物によっては英語あるいはその国の言葉である場合も。英語はまだしもスペイン語やイタリア語などでは細かな内容までは解りませんが、場所やイメージを地図や写真で掴めるだけでも価値ありです。それに現地語の表示をしっかりと見付けるには最適!!
  案内役の動物達:  牛=このブログの管理人/仕事=ナビゲーター
            犬=そのかみさん/仕事=運転手
            兎=かみさんの母親/仕事=??

20070819112616.jpg

      スペイン観光局で貰った主な資料

 なんだか観光局って楽しいね
 そうそう、あんたが行くならあたしゃ、絶対に一緒に行くよ

 観光局は一般的に土日が休み。仕事がある牛はなかなか行けないので、観光局での情報 
 収集は犬と兎の二匹の役目。
 地図もパンフも必ず2部もらいます。実際に計画を組み立てるのは牛と犬ですが、兎さ
 んとしては、娘夫婦だけしか持ってないものがあると納得出来ーん。

 兎さん、ここは行きたいってところある?
 ルルド!!

 昨年、2006年はスペイン北部へ行きましたが、芸術新潮の2004年8月号の「ス
 ペインの歓び」が最初のきっかけでした。その中でフランスとの国境を成すピレネー山
 脈の山懐、世界遺産にも登録されたロマネスクの教会の数々が紹介されていました。

 ピレネーを超えればすぐだね
 奇跡の水を知ってる? 私は、あれを持って帰りたい!

 でもって、フランス観光局(場所はスペイン観光局と同様で虎ノ門の界隈です)へも
 行ってきました

 それから?
 パンフとかで目に付く所があったら言うけど、あとは基本的にお任せ~

 芸術新潮で他にも寄ってみたいと思う所があり、ガイドブックでも主な都市には当たり
 を付けていました。事前にそうしておかないと、観光局へ行っても何処のパンフレット
 を貰えば良いか迷ってしまいますよ
 ちなみに、ガイドブックは前回1997年にスペイン南部を旅行した時に使った2冊、
 古いけど充分に役に立った。教会等の主な見所は何年経っても変わらない。この変わら
 ないというのが素晴らしい。
 スペイン観光局では、パンフレットは州毎、また主な都市のものがあります。そして、
 今回はサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路を辿るのが旅の主要部分で、これ
 を主題とする旅人も多くて巡礼路を紹介する資料もあったので、それも貰いました。

 何よりも有り難いのは地図だね~
 そりゃあ解るけど、牛さんは地図を眺めてるだけでも幸せそうだね
 いやー旅気分が盛り上がるね (って言いながら顔も上げずに地図に見入る)
 それは、あたしも同じだよ!(この時点で既に幸せ~)

20070819112749.jpg

  眠い~ スペイン旅行最初の晩。
  エールフランスの夜行便から乗り継いで、バルセロナ空港からレンタカーで...
  それでも、明日のルートを地図で頭に描く楽しみが勝った!
  もうダメー 眠い.....



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。